FC2ブログ

rumirumi日記

ARTICLE PAGE

めまい?

未分類
  • comment0
  • trackback0
2日間、派遣のお仕事をしてきた。
今回はアパレル関係の小物の仕分け、値札つけ、箱要れなどの
お仕事だった。

倉庫入った途端、ものすごい怒鳴り声が聞こえてきて、緊張した。
今回は指導する人がとても厳しい感じだ。
「殺伐としているね」と誰かが言った。
最初に仕事の指導してくれる現場監督みたいな人の話があった。
話をしているとき、所見をしていてどなられた。話を聞くときは目をじっとみていないと
駄目らしい。
作業に入ってから、自分の持ち場が終わったので、手伝いに入ったとき、ラベルと
箱の数字があうのが見つからず、ウロウロしてたらそこでもどなられた。
説明してくれた人が「説明のしかたが悪かったね。ごめんなさい」
と小さな声で謝ってくれて恐縮した。多分私がよく聞いてなかったんだと思う。
それに解らないときは自分で判断しようとせずにすぐに聞かなければならない。

しょっぱなから、そんな感じでその先どんなに怒鳴られるのかとびくびくしていたが、
それからは大丈夫だった。(ミスはあったけど、怒鳴られなかった)
午前中は帽子の仕分け作業、午後はバックの値札付けだった。
作業自体は簡単で、きつくもないし、汚くもない。
二日目も同じ倉庫で作業することになった。
昨日の同じメンバーは私を入れて3人ぐらいいしかいなかった。
嫌なら別の場所にしたいと希望すればいいらしかったが、私は
あえて同じ場所にしてもらった。

同じように説明があってよそ見している人が怒鳴られていた。
数があわないといって、そこでも・・・・・

毎日おなじことをくりかえしているんだなあと思った。
基本的な返事をする、話をよく聞く、一生懸命やる。
これさえまもっていれば大丈夫だとわかった。

周りは若い女性がおおかったので
体力的に劣るし、もの覚えもわるい。
しかし、この現場が本当に簡単な作業ばかりなので
よほど怠けない限りさほど大差はなかった。

3時から体脂肪計を取り説と一緒に小箱にいれていく作業だった。
この時、あの怒鳴る人が、一度説明があったにもかかわらず、もう一度
ゆっくりとわかりやすく説明してくれたおかげで、馬鹿な私でも覚えることができた。
仕事は製品を箱に入れるだけの簡単な作業。決められた向きで入れて、決められた
向きに並べていけばいい。方向を間違わないように、工夫して並べる。
となりの先輩の方に、まだ、作業前の製品がいっぱい入った箱の配置の仕方
とりやすい高さにする方法など、楽に早くできるコツのようなものを教えてもらった。
それでも、要領が悪い、途中で、もう少しスピードアップするようにと2回ほど言われた。

途中でうっかりと指をちょっと切ってしまった。3ミリぐらいの小さい傷だったけど
血が出てきた。血が製品についたら大変だ。
判創膏もらうかどうか悩んだが、気をつければ大丈夫そうだったのでそのまま続ける。
別のことに神経を使う為にそれまで順調だった動きがばらばらになった。
また、注意されたらどうしよう!

そして、
下のほうにおいてある箱をとろうとかがんだ次の瞬間、
くらくらっとめまいがした。
「やばい!」
起き上がってからも、時々目の前のものがぐるぐるしていた。
ここで倒れたら大変だと思ったら、次は、どきどき動機がしてきた。
先輩に話して少し休もうかと思ったけど、これは精神的なものだと判断して、
落ち着いて呼吸を整えた。
終了までまであと30分、指の傷はたいしたことはないし、
あせらないでゆっくりやれば大丈夫だと自分に言いきかせた。

しばらくして終了の合図があった。

「よかった!!」

今日は現場監督のお兄ちゃんがとっても機嫌がよかった。
帰りに、「どうもありがとう!」とニコニコしていた。

帰りの送迎バスで、明日は仕事休んだほうがいいな
と考えていた。こんなとき無理をしてもろくなことが無いに
決まっている。かえって人に迷惑をかけてしまうだろう。
せっかく慣れてきたのに残念である。

今日は午前中ずっと寝ていたが
午後から洗濯やお掃除をした。

気温が23度もある。初夏だというのに
まだこたつをはずせない。



関連記事

Comments 0