スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての派遣のお仕事

昨日、派遣のお仕事をしてきました。
何しろ働くのはひさしぶりで、職場につくまで、ずっとどきどきしていました。
どんな仕事で、職場のひとたちはどうなんだろう?不安でいっぱいです。
朝8時集合、正社員の方がスーツ姿で点呼をとっていました。
待っている間はそばにいる同年代らしき見知らぬ女性と話していました。
次々に集まってきて、行き先が決まった順に担当さんの指示に従って、送迎用のバスに乗り込みます。
私と先ほど話していた女性は同じバスです。よかった!
バスの中にはすでに6人くら乗ってました。若い人ばかりです。
新しいバスはとても綺麗で乗り心地よく、一駅分ぐらい走ったあと、6人ぐらい名前を呼ばれ降りていきました。
先ほどの話していた女性も降りました。
私がいないのでキョロキョロしています。
担当の運転手も車を降り皆と一緒に建物に入っていきました。
バスにのこったのは若い女性と私の二人だけでした。
何で、こんなギャルと一緒?
私はもしかしたら名前聞き漏らしたのかと思って不安でした。
5分ぐらいして担当の運転が戻ってきました。
私は運転手に見えるように体を乗り出しましたが、運転手は私の事は無視して、
再出発。運転しながら金髪のギャル風の女の娘となにやら楽しそうに話しています。
しばらくして次の現場に到着。次はギャルが呼ばれました。
私も一緒に降りようとしたら、まだですよ。といわれました。
「まだかなんですか?」そういって、再び座席へ、
よかった、見落としているわけじゃないんだ。
9時まで、あと15分間。
合うのかなと思っていたら、そこからものすごいスピードで走りました。
ここで、うっかり事故るかもしれないと不安を感じたくらいです。

やっと到着しました。
2人の先輩が迎えてくれました。
気さくな40代、ジャンバーにエプロン、ジーンズという作業モードの格好です。
きつい肉体労働かもしれないと一瞬思いました。
階段や廊下を抜け、休憩室に入り荷物を置きました。
貴重品は持っていったほうがいいですよ。盗難される危険があるからね。
といわれ、大きなバックだけおいて、財布はコートのポッケ、カードはジーパンの
後ろに入れました。(中身は何も入ってないけど一応・・・)
現場に入りました。20人ぐらいが一列に並んで、班長見たいな男性が挨拶しました。
私は紹介もされないままいきなり仕事の仲間に合流。
いろんなところから日替わりで派遣が入るので、いちいち紹介などしないのでしょう。
作業場はとても広く、いろんなコーナーがありましたが、日曜日だと言うことで
誰もいません。
一番奥に案内されました。ある英会話の通信講座の教材らしいです。
箱作り、ラベル張り、箱詰め、などなど、いろんな作業をすることがわかりました。
最初は梱包から出し、数を数え、並べ買え、間違えないようにまとめる作業、箱にラベルを貼っていく作業箱を作る作業でした。次に製品を全部10ずつに束ねていきます。そして箱に入れる順番に並べていきます。
資料やDVD、本、説明書など大まかに6種類ぐらいのものをベルトコンベアーに乗せて、流れ作業で箱に入れていきます。最後の人はグラムを測ります。ブザーが鳴ったものだけ、台車に並べ、綺麗に積み上げていきます。ブザーが鳴らないものはNGなのでもう一度、入れ忘れがないか、間違って多く入れてないか見直します。
私は資料を何枚かファイルに入れていく仕事と、ラベル貼り、最後に仕上がった製品を台車に積み上げるお仕事でした。積み上げる仕事は余裕があるけど、結構重さがあり、だんだん腰が痛くなってきました。
しんどいなあと感じた頃、ランチタイムになり休憩です。
よかったー!
休憩室でコンビニで買った、サンドイッチとおにぎりを食べました。
仲間に入れず一人で隅のほうで座っていたら、チョコを持ってきてくれました。

午後は先ほどの荷積みに続きです。やっと終わったあと、
ファイに入れたパンフレットの右上部分をを切り込みに差し込んでいなかったのでやり直ししたと報告がありました。右端を入れる事は聞いていなかったので驚きました。きっと聞き漏らしたのでしょう。

次にカードを数え束ねる作業です。
カードはトランプみたいな大きさで軽い。今度は簡単な作業にしてくれたのかな。
色別の3枚のカードを10枚づつ重ねたものを300つくります。
300過ぎたのにいつまでもやっていて注意されました。
次に、3種類のカードをそれぞれ一枚づつとっていき、3枚一組で重ねていきます。
10枚づつなのでぴったり数があうはずです。
数があわないのが出てきて、わけがわからない状態に・・・。
それを見ていた先輩が、一緒に手直ししてくれましたが、どんどん数が合わなくなり、不安に思ったのか全部見直すように別の人に頼んでいます。足りなければ足せばいいことなのになあと
思いましたが、決まった枚数分しかないらしくあとあと困るので、そういうわけにも行かない様子。
そして、あんなに苦労して積み上げた荷物も、見直しということで全部やり直しになって
いました。
結果、
私がやった作業はほとんどすべてが不完全で誰かがやり直していたということがわかり、愕然としました。
初めてとはいえ、間違えていたことで作業を大幅に遅らせてしまったと思うと申し訳なかったです。
私以外のところでもやはりそういった事があちこちであったようで、そのたびに
みんなで一個一個見直ししていきます。
たったラベル一枚あまったり、足りなくなっただけでも大騒ぎです。
300個あれば300個全て見直ししなければならない。
しかし、誰も責めたり文句言ったりせずにてきぱきといわれたことをこなしていくので
凄いなあとおもいました。
私のように適当でずぼらな性格ではできない仕事です。

教える人も忙しいのでいちいち丁寧に説明している時間がないらしく、ささっと説明します。
慣れていない人私のような新人はそれを一回で覚えられない。
ここにも無理があります。誰か専属がいて付きっきりで教えるか、
現場で何度も失敗を繰り返して徐々におぼえていくしかないようです。
ちょお落ち込んでいると、同じ派遣会社から来た先輩が実はここが一番、よいスタッフがいて
みーんな優しいということでした。普通職場にはひとりぐらい怒鳴り散らす人が
いるので珍しいようです。
「よかったー!」
3時に、日給が配給されました。そのときは見ている余裕がなく、封筒をポケットに押し込みました。
帰りに電車賃が足りないことに気がつき封筒を見たら、5750円入っていました。
昔やっていた内職の1ヶ月分です。すごいなあと思いました。

私はそのお金で夕飯のおかずを買って帰りました。
いつものように、その日も主人と娘が作ってくれたので助かりました。
3時間のパートとは疲れ方が全然違う。
お店で働いている長女は毎日こんなに大変な思いしているんだなあとしみじみ思いました。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ジーンズ】の口コミ情報を探しているなら

ジーンズ に関する口コミ情報を探していますか?最新の検索結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報をお届けしています…

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

rumi

Author:rumi
こんにちは
管理人のrumiです。
5匹の猫と一緒に
暮らしています。
写真はゆきです。
よろしく!

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ
RSSフィード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。