FC2ブログ
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

「カメラを止めるな」

 「カメラを止めるな」観ました。

・・・・・・・・・・凄いです。

映画館に入る前と、観賞中の様子を少し

書いてみます。

   (ネタばれ?ほぼなし)
 
 娘の情報から・・・

「今まで見たことがないタイプの映画だよ。」

「情報無しで見たほうが面白いから、あえて何にも教えない。」

??

「観客の反応が面白いから、これは絶対映画館で鑑賞すべきだ!」

などなど。

え~?想像つかないよ。

娘の話とか、仕事仲間の話聞いてた私はもう興味しんしん。

映画「MAMMA・MIA!」をみた直後に、一緒にいた娘に

「午後もたっぷり時間があるから「カメラを止めるな!」見ようかな?」

と言ってみた。

すると、即答で、

「わたしも、見たい!」

「えーそうなの?・・・よし!」

次の瞬間、チケットの販売機に直行したむすめについて行く。

チケットが二人分手に入った。

しかも、最も理想的な席が取れた。

やったー!

18時20分開演、2番目の通路最前列中央。

しかし、開始時間まで4時間ちかくある。

とりあえず二人でお昼を食べ、そのあと自由行動ということになった。



それにしても、

「マンマ・ミーア」は素晴らしかった。

久しぶりにパンフレットを購入した。

私は、よほど気にいらないとパンフレット買わないから、

自分でも意外なくらい感動したんだと思う。

この感動にしばらく浸りたい。

でも、次の映画にもすごい期待してる自分がいた。



「次の映画はどんなかな?」

大評判の映画だから面白いに違いない。

この感動とは全く別の感動?

想像がつかない。

気持ちの切り替えが難しいと思った。

いったん、気持ちをリセットして

新しい気持ちで映画を見よう。

その日はちょっと寝不足だったので、なんかフラフラする。

血圧も心配だ。

トイレのパウダールームでしばらく休憩した。

その後、お店の中ぶらぶらしてウインドーショッピング。

娘(次女)のスカートと、ニスを購入。いろいろ見たけど

やっと、お気に入りが見つかった。

16時半、ちょっと小腹がすいた。

寒かったのでホットコーヒーも飲みたくなった。

いったん店を出て、近くのマックに入る。

チーズバーガーとホットコーヒーを注文(これならたった230円)。

「マックにいるよ。」娘にメールを送信。

しばらくして娘が来た。

コンタクト買いに池袋まで行った娘も、なんだかお疲れの様子。

親子そろって、睡眠不足だった。

「マンマ・ミーヤ」のパンフレットを見て雑談した。

17時50分。

そろそろでようか?

トイレに入ったが、全然だった。


   いざ映画館会場へ・・・・・。



「最初の10分ぐらい、気持ち悪いかも・・・」

「でも最初だけだから我慢してね!」

「レモンスカッシュのみたくなる」


娘がそんなことをさりげなくつぶやくので、

ますます緊張と不安がつのる。


自動販売機では、助言に素直に従い、でも

なかったので、パイン入りの炭酸飲料を購入。

ここまでは計画どうり行動していたが、

次にちょっとした失敗を・・・・。

トイレに行きそびれたのだった。

いつもなら開場前寸前にトイレ入るのが、わたしの習慣。

しかしこの時マックで済ませたこともあり、ちょと面倒でもあり、

あえて忘れたふりしてしてたら本当に忘れて、いかなかった。

開演です。

会場はあんがいすいていました。


途中気持ち悪くなっても、トイレに行きたくなっても大丈夫!

通路の最前列だし。

三女が映画だといつも通路サイゼンレツ選ぶ理由がやっとわかりました。

逃げ場もあるし、足が自由!。




    始まりました


おおおおお!

すごいシーンになると娘が洋服で顔を隠すので

そ、そんなに見たくないんだ

と、苦笑いしてしまいました。

おかげで、私は恐怖のあまり一緒に目を瞑るしまつ。

こんなんで、これから先ついていけるのか?

不安はどんどん募る。

うー

ぎゃー

ひえー!


カメラを止めるな

のタイトル通り、一気にノンストップで

話は進みます。

ふー

やっとカメラが止まった途端

私は、本当にレモンスカッシュを一気に飲みたくなりました。

と、同時に

マックで飲んだコーヒーが、今頃になって

・・・・・・・・・・・・・

ジュース飲みたいしトイレにも入りたい!!

でも、席を立ちたくない!!

悩むこと数十秒間。

「トイレ行きたい」

娘があきれながら、映画の半券を

渡してくれた。

「いまだ!!」

転がるように小走りでトイレに駆け込む。

×××

「ふー!!」

戻ってきて

炭酸入りのパインジュースをぐいぐいのんだ。

ものすごく美味い!!

再び映画に戻る。

そして・・・・





うーん我慢して、最後まで見て

よかったよ!!

     

娘に、

「どうして顔隠してた?」

「そんなに怖かったの?」

すると驚く答えが返ってきた。

「実は・・・」

そうだったのか。

愕然とした。

観客が一緒に参加する

そういうことだ。






二人ともパンフレットは購入なし。

パンフレット?

パンフレットって何??

そんなの読むきにもなれないほど、凄い!!

インパクトのある、印象的な、見たことのない・・・

  そんな、映画だった。

コメントの投稿

secret

COMMENT

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

rumi

Author:rumi
こんにちは
管理人のrumiです。
5匹の猫と一緒に
暮らしています。
写真はゆきです。
よろしく!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

過去ログ

RSSフィード

最近のトラックバック