FC2ブログ
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

夏林ギタークラブ  BOXER

    夏林ギタークラブ2018夏

 今年の夏もいろんな所でライブしたようです。

「THE BOXER」  「上を向いて歩こう」 「カントリーロード」 




一緒に歌ってみよう!!

THE BOXER

I am just a poor boy
Though my story’s seldom told
I have squandered my resistance
For a pocketful of mumbles
Such are promises
All lies and jest
Still, a man hears what he wants to hear
And disregards the rest

When I left my home and my family I was no more than a boy
In the company of strangers In the quiet of a railway station
Running scared Laying low, seeking out the poorer quarters
Where the ragged people go
Looking for the places only they would know
Lie-la-lie . . .

Asking only workman’s wages I come looking for a job
But I get no offers
Just a come-on from the whores on Seventh Avenue
I do declare there were times when I was so lonesome
I took some comfort there

Lie-la-lie . . .

Now the years are rolling by me
They are rocking even me
I am older than I once was
And younger than I’ll be
But that’s not unusual
No, it isn’t strange
After changes upon changes
We are more or less the same
After changes we are More or less the same

Then I’m laying out my winter clothes
And wishing I was gone
Going home
Where the New York City winters aren’t bleeding me
Leading me
Going home

In the clearing stands a boxer
And a fighter by his trade
And he carries the remainders Of every glove that laid him down
And cut him till he cried out In his anger and his shame
“I am leaving, I am leaving”
But the fighter still remains
Lie-la-lie . . .

参考・http://www.furusatoa.biz/mamechishiki/The-Boxer.html#link2

     


 THE BOXER

I am just a poor boy. thugh my story's seldom told  僕はただの」文無しさ。人に話したことはないけれど
アイアム ジャスト プアーボーイ ゾォ マイストーリー セイダム トールド

    
I have squandered my resistance for a pocketful of  無駄なあがきをいくつかしてみる事もあったんだ
アイブ スクアンダード マイレジスタンス フォ ア プオケットフル オブ    

munbles. such are promises  
マンブルス サッチ アー プロミセス   
             
All lies and jest still. a man hears what he wants to hear   適当にでっち挙げて、面白可笑しい話にすればいいよ
オー ライズアン ジェスト ステル アマン ヒァーズ ホット ヒィ ウォンツ トゥ ヒィアー  


and disregards the rest   細かい事は適当にね。   
ディスリガーズ ザ レスト

                             
When I left my home and my family,   ぼくが自分の家と家族を捨てた時

I was no more than a boy   ぼくは「一人の少年」以外の何ものでもなかった

In the company of strangers   見知らぬ人たちと一緒にいたり

In the quiet of the railway station,   (夜の)鉄道の駅の静けさの中を

Running scared,   怖くて走り回ったり、

Laying low,   じっとしていたり、 ※

Seeking out the poorer quarters   貧しい人の住む地区を探して

Where the ragged people go,   ボロを着た人たちが行くところを

Looking for the places   そうした場所を探していた

Only they would know.   彼らだけが知っているところを

Lie-la-lie...   ライ・ラ・ライ・・・ ※





Asking only workman’s wages I come looking for a job

But I get no offers

Just a come-on from the whores on Seventh Avenue

I do declare there were times when I was so lonesome

I took some comfort there

Lie-la-lie . . .

Now the years are rolling by me

They are rocking even me

I am older than I once was

And younger than I’ll be

But that’s not unusual

No, it isn’t strange

After changes upon changes

We are more or less the same

After changes we are More or less the same

Then I’m laying out my winter clothes

And wishing I was gone

Going home

Where the New York City winters aren’t bleeding me

Leading me

Going home

In the clearing stands a boxer

And a fighter by his trade

And he carries the remainders Of every glove that laid him down

And cut him till he cried out In his anger and his shame

“I am leaving, I am leaving”

But the fighter still remains

Lie-la-lie . . .


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

The Boxer♪和訳

ぼくはただの貧乏な少年

ぼくのことが話題になることはめったにないが‥

ずっと反抗を続けてきたんだ

不満なんて山ほどあるよ

何事もそれがお決まり、すべては嘘と悪ふざけ

いまでも、大人は聞きたいことだけきいて

あとは無視するんだ

自分の故郷や家族のもとを去って




ぼくは、ただの少年

静かな駅の中、見知らぬ人に囲まれて

ぼくはビクビクして、身を潜め、

みすぼらしい人たちが行くような貧困地区を探したんだ

そんな人たちだけが知ってる場所を

労働者並のわずかな賃金を求めて

仕事を探しに来ても、オファーは全く無し

あるのは7番街の売春婦たちの誘いだけ

これだけは言っておく

とても孤独を感じたときに、

そこで慰めを得た事があることを‥



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


一番は、弟がノートにメモってくれたものをそのまま書き写しました。2番からはコピペです。
  時間があるとき編集します。




コメントの投稿

secret

COMMENT

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

rumi

Author:rumi
こんにちは
管理人のrumiです。
5匹の猫と一緒に
暮らしています。
写真はゆきです。
よろしく!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

過去ログ

RSSフィード

最近のトラックバック