FC2ブログ

給湯器の水漏れ!

昨晩は大変だった.

まず、昨日の朝7時頃、出勤で出かける為玄関を出た主人が、

「おい、水がもれてるよ、管理人に話したほうがいいんじゃないか?」

と、警告だけして出て行った。

次に同日朝8時、管理人さんから連絡がある。

「お宅の給湯器から水が漏れていると数人の住居者から通報がありました。」

最初、何を言っているのか理解できず「は?」っていう感じ。

「給湯器は共有部分じゃないので、お宅で手配して直してください」

「あの~、どうすればいいんですか?」

「○○ガスに電話してください」

「わかりました」

どうやら、給湯器の故障らしい。

玄関のドアを開けて外をのぞいて見ると、

共有通路が水浸しになっていた。

「こりゃあ大変だ!!」
すぐにガス屋さんの連絡先を探して電話した。

「すぐに来てもらえますか?」

「了解しました、係りのものがいないので折り返しお電話します」

待つこと1時間。

スケジュールをあわせ翌日の午前中点検にくることになった。
その後、パートに出る為あたふたと家を出る。

玄関を出てからよく見ると、ポタポタというよりチョロチョロという感じ。
外の共有廊下は大雨の時のように水浸し状態。水は排水溝に流れるので問題ないが、
部分的に水浸しはやはりなんか格好悪い。しかし時間がないのでそのまま出かけた。



<以下は、モブログです。>

 帰宅後少しでも水漏れをなくそうと思い、元栓を半分しめてみた。あまり変化なし。今度は完全に閉めてみた。水漏れはピタリと止まった。水を使わない時間帯はなるべく元栓を閉めておこうと思った。しかし生活にはいろいろ問題が出てくる。お風呂や洗濯は我慢できる。食事もどうにかなる。そう一番困るのはトイレだ。夜はお風呂の残り湯をバケツで汲んでタンクにいれて流した。夕飯は弁当で済ませたし、歯磨き洗顔はやかんやペットボトルに汲み置きしたものを使った。洗いものや掃除は寝る前にすべて済ませた。みんな協力して頑張ったが、一晩が我慢の限界だと思った。あしたになれば・・・皆そう思っただろう。

朝9時、ガス屋さんが来る時間だ。
家の中入ると思ってギリギリまで必死で整理整頓や掃除した。9時半少し遅れてガス屋さんが来た。この少し遅れて来る感じは非常にたすかる。なにしろ朝はうちの中が乱れているから。完璧や!・・・しかしガス屋さんは室外の給湯器しか見なかった。
「かなり破損しています。・・・」との長い説明。かいつまんでいえば、給湯器が古いので修理より買い替えしたほうがいいのではないかという内容。そんなのわかってる。「はい主人と相談した結果、新しい給湯器に交換することにします」「とりあえず水漏れをとめてもらえますか?」わかりましたといってしばらく外で見てくれていた。しかし、そう簡単なことではなかった。もうバブルが壊れているからとめることは不可能です。すみません。ではいつ交換してもらえるのかと聞いたら、新しいのに交換するには枠組みの手配からしなければならず、早くても来週の土曜日。在庫を確認して見積もりしたら連絡しますとのこと。

がっかりした(+_+)
せめて給湯器の水漏れだけでもとめてほしかったが、それもかなわなかった。主人があとで調べてみたら、爆発を防ぐ為か、危険を察知した機械が自動操作して、強制的に水を出してバブルの栓を閉まらなくするらしい。水漏れで、交換時期を知らせる為だ。(すごい!)水漏れを止めるにはやはり元栓しめるしか方法がないようだ。

そんなぁ、

で、最後に聞いた、
「あのう、チョロチョロだと、水の使用量を測るメーターが回らないって本当ですか?」

「はい、このとおり、この程度ならメーターは回りません」
軽量機の蓋を開けて見せてくれた。


じゃ、水道代は大丈夫か。

とはいえ、来週の土曜日(早くて)まで。ずっと

垂れ流しはできないだろう。ガス屋さんが帰ったあと、

無駄に綺麗に掃除された部屋でしばらくボンヤリしてた。
(-ω-)

comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2019/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
プロフィール

rumi

Author:rumi
こんにちは
管理人のrumiです。
5匹の猫と一緒に
暮らしています。
写真はゆきです。
よろしく!

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ
RSSフィード
最近のトラックバック