台風18号

台風一過です。

京都がすごい被害にあったようですね。

ワイドショーで、川が決壊して民家に浸水している

映像みました。

50年に一度の大洪水だったようです。



私は昨日仕事でした。

朝から風が強かったのですが、雨が降り出したのは

朝の7時すぎくらい。

横殴りの雨でした。

祭日なので、みんなお休みゆっくりしています。

しかし、私は出勤の日。

会社から何も連絡が来ない。

交通機関も、ほぼ平常どおりのようです。

「いかなきゃねえ・・・」

関東は12時頃一番ひどくなるだろうという、主人の予想。

いつもどおり12時頃家を出たら、交通機関が止まってしまうか

豪雨の中を歩かなければならないかもしれない。

「休んだほうがいいよ、っていうか休みだろ普通・・・」

「電車止まるよ」

「・・・・」

「無理だよ」

「・・・・・」



「電話してから行ったほうがいいよ」

「・・・・・・・・・」



あれこれいらぬ助言をする主人の言葉を無視して、

ちゃくちゃくと出勤する準備をすすめました。

「そうはいうけど、仕事なんだから行くしかないじゃない。」

いつもより早い時間に家を出て、向こうで待機していたほうが利巧かも。



家を出たのが9時半ぐらいだったと思います。

横殴りの雨が振ったり、やんだりしている時間帯でした。

「着替えはもって行ったほうがいいよ」

たしかに靴下ビショビショは嫌だとおもいました。

万が一濡れたときというよりは、この雨で濡れないわけがない。

靴下二足、ズボン、上着、本、いろんなものを詰め込んで、

バックがパンパンになりました。

いざ、出発!!



外に出たら、強い雨が降っていました。

駅に着くまで15分。

絶対濡れると思ったけど、これからもっとひどくなるに違いない。

そう思うと、行くのは今しかないと思いました。

外に出たら心なしか雨足が弱くなってる感じ。

風もそこまで強くはない。

傘をぱっと広げ、マンションの階段を降りました。

少し歩くと、斜め方向に雨が降ってきました。

みるみる、バックとか、ズボンとか濡れていきました。

傘を差していても横殴りの雨には意味がない。

駅につくころにはビショビショになってしまいました。

幸い靴は新しいものだったので、足は濡れませんでした。

駅にはいつもより人が少ない。

祭日だからねえ・・・。

電車はすべてが少しづつ遅れていたようですが、

ちゃんと運行していました。


最寄の駅に到着。

駅前のケンタッキーで昼ごはんを食べました。

あっちは開店していなかったので心配しましたが

こっちはちゃんと営業していました。

店内はガラガラです。

クーラーが効きすぎて寒かったけどそこで

1時間ぐらい過ごしました。

気がつくと、さっきまでいた客(3組ぐらい)がいつの間にかいなくなり、

店内は私一人になっていました。

雨がやんだようです。

道行く人が傘をたたんで歩いていました。

!!

雨は止んだけど、今度は風が吹いてきました。

時間は11時、風がかなり強かったけど、

雨よりましだと思いました。

今がチャンスか?

「東京に台風が来るのは何時?」

主人にメールしたら返事が返ってきました。

「12時くらいだよ」

やはり、12時ぐらいか。

「いまだ!」

少し早すぎると思いましたが、決心しました。





うわー

風が強い!





傘をさすのは無理だとおもいました。

空が暗くなってきましたが、幸いまだ雨はふっていない。

きのうからジメジメして蒸し暑かったので、

風はむしろ気持ちよかったです。

さわやかー!

朝の豪雨でビショビショにぬれたズボンが

会社につくまでに乾いてしまいました。

11時15分ぐらいに会社に到着。

受付のカードは8番、いつもは300番台なのでびっくり!!

外通路にある喫煙所は誰もいない。

あれ~?

今日休みなんじゃない?

出勤を疑ったほど静かです。


11時半出勤のパートさんが次々にロッカールームに

入ってきました。

「あれ、なんでいるの?びっくり!!」

込み見知りの人たちが驚いていました。



そうか、1時間時間間違えてる。

そこで初めて気がつきました。



仕事は12時にはじめるのではなく13時だった。

・・・・・・

出勤時間まであと1時間半もあるじゃない。

そう、仕事は13時からなので、タイムカードを押すには

あまりにも早すぎる。

着替えたあと、逃げるようにロッカールームを出て、

一人で真っ暗な休憩室に入りました。

1時間以上時間をつぶすにはここしかない。

電気をつけて、いすに座りましたが落ち着かない。

そこに事務所の人がきました。

「どうしたんですか?」

いえ、台風がきてるので早めに家をでました

と正直に話ました。

「なにかお手伝いできることがあれば言ってください」

「・・・いえいえ、大丈夫です。ゆっくりしててください」

「はい」



とはいえ、本当に一人でそこにいるのは退屈だった。

もう!

「台風だといつも大騒ぎするんだから・・・」

早くでてきてしまったことを人のせいにせずにはいられない。

この気持ちを伝えよう・・・。

主人にメールしようとしたら、圏外でした。

仕方なくロッカーに戻り、本を持ってきて読んでいました。

その間、いろんな人が休憩室の前を通りましたが、

大雨の為、びしょびしょって感じではなかった。






仕事が終わり外に出たらもう、雨は降っていません。

ズボンも靴下も使わなかった。

バンバンなのに今日に限って

いろいろもらいました。

重い!


明日の買い物をしたら

ますます荷物がいっぱいになり

悲しくなりました。

なんかなあ・・・。



自宅に帰ると、上機嫌の主人が料理を作って待っていました。

「たいしたことなかったねえ」

「だいたいあんたは、まいかいまいかい騒ぎすぎなんだよ」

と、いいたいところを我慢して、夕食をご馳走になりました。

「近くに新しいスーパーが出たよ。

大根と豚の角煮はやわらかく煮込んであり

とっても美味しかった。

風はまだ強い感じだったけど、何事もなく

平和な夜が戻ってきました。



夜はきれいな月が出ていました。

夜8時くらいに、前の日の晩からかえってこなかった

猫のミー子が戻ってきました。

一晩中どこにいたのかわかりませんが、

おなかがすいても帰ってこなかったのは、たぶん

台風のせい、

いろんな事が怖くて出てこれなかったのでしょう。





今日は見事な青空でした。

昨日の事がまるでうそのようです。

今日は、仕事おやすみなのでゆっくりしていました。



コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

rumi

Author:rumi
こんにちは
管理人のrumiです。
5匹の猫と一緒に
暮らしています。
写真はゆきです。
よろしく!

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ
RSSフィード
最近のトラックバック