映画「大奥」と舞台挨拶

土曜日に主人と、丸の内ピカデリーで大奥を

観てきました。

今回はすごいです。

なんと、舞台挨拶も観ることができました。



そのときの様子を詳しく書いてみようかな。
13時に始まりました。

もう、客席は満員です。

会場に流れていた音楽がとまり、シーンと静まりかえりました。

はじめに、司会者が出てきて、なんか偉そうな人が挨拶しました。

そして、ついに登場です。

前から、


金子監督、 柄本祐、

宮藤官九郎、

尾野真千子、

境雅人、 

菅野美穂、

西田俊行、

要潤、


そして、


鬼奴、



の順番で階段を昇ってきました。

舞台に勢ぞろいして、ずらりと並んだ時、

会場から、いっせいに拍手が巻き上がりました。


注目はやはり、菅野美穂です。

きれいな花柄の白いワンピースを着ていました。

15センチくらいあるハイヒールを履いているせいか、思っていたより

ずっと、スマートで長身に見えました。

次に西田さん。

あとは並んで紹介があるまでわかりませんでした。

(一番後ろの2階席だったので・・・)

私は、尾野真千子と、要潤がすぐわかりましたが、

主人はまったく気がついていなかったようです。

「カーネーションの、ほら!」といってもわからないようです。

あとで、残念がっていました。

中でも柄本祐さんが長身で目だっていました。

コメントも面白かったように感じます。

要潤さんも素敵でした。



一人一人紹介があり、

いろいろ質問される前に

菅野さんが会場のおっかけ?さんに、声をかけて挨拶していました。

何度かあっているうちに顔をおぼえられちゃったみたいです。

「撮影中の思い出や印象に残った事などありますか?」

という質問にそれぞれ答えていました。


菅野さんは、子犬と一緒にすごしたことが楽しかったようです。

尾野さんは、とにかく顔が近い!といってました。

西田さんは○○さんとのベットシーンが嬉しかった?ようです。

あと、鬼奴さんは

「女優、鬼奴です」と、

自己紹介したので、大爆笑でした。

「女優、鬼奴です」

しつこく何度も言ってました。

「私は、最初のワンシーンしか出ないです。本当にああんというだけで、

終わります」といっていましたが、



本当にそうでした。


内容は、ほぼコミックと一緒でした。

しかし、私は、4巻読んでいなかったのでよかったです。

最後まで楽しめました。

4巻だけコミックが品切れで、なかなか手に入らなかったのです。

ブックオフとアマゾンさんに感謝!





これ以上いうとネタバレしちゃうのでこの辺で

おしまいにさせて頂きます。


映画、とても、よかったと思います。

素敵な思い出ができました!!



コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

rumi

Author:rumi
こんにちは
管理人のrumiです。
5匹の猫と一緒に
暮らしています。
写真はゆきです。
よろしく!

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ
RSSフィード
最近のトラックバック