FC2ブログ

友達との別れ

予定通り、金曜日の5時にYさんに会った。

保安さんに挨拶をするのでそのついでに私にも会って

くれるという設定だった。



5時までマックにいてぼんやりしていた。

どうしてマックじゃだめなんだろ。

寂しかった。




5時ジャスト彼女がやってきた。

保安さんと話していた私も振り返る。

「今度やめることになりまして・・・・」





「え?やめるの?何で!!」

「定年なんですよ」

「え、68歳?」

「違いますよ!!」

「もっと続ければいいじゃない」

「体がきつくてね」

「からだばっかじゃなくて、精神的にもきついんだろ?」



「え?何でわかるんですか?」

「そりゃあわかるよ。あんな意地悪な顔してる人がいるから」

「みればわかるって」


「あははははは」

そんな会話を交わして笑いあった。


保安さんにプレゼントを渡し、その場を離れる。

「見る人がみるとわかるんだろうね。」


横断歩道を渡り、駐車場まで歩いた。

二人になったので、今はどんな状況か簡単に伝え、

「今後どうなるかわからない」

といった。

彼女は、ご主人様が迎えにくるからと言って

何も話してくれない。

プレゼントも渡したのでそのまま別れることにした。

「じゃっ、またね!!」

振り向いてにっこり笑いながら手を振った。



comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2019/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
プロフィール

rumi

Author:rumi
こんにちは
管理人のrumiです。
5匹の猫と一緒に
暮らしています。
写真はゆきです。
よろしく!

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ
RSSフィード
最近のトラックバック