スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手遅れ

パートの仕事はあと2回で退職です。

先週の木曜日に班長に言いました。

「仕事やめるのやめていいですよね?」

「ああ、かまわないんじゃない」

「やった!」

そんな会話があった直後の出来事です。

土曜日におこなわれた会社主催の講習会に参加しました。

学園祭があったにもかかわらず、きちんと主席できたのです。




月曜日、朝礼で班長が珍しく自分から出てきました。

私に用事があるのです。

最近は一人で朝礼なので,朝礼はスルーしていた班長が・・・

さん。退職願いのことなんだけど」

そういいながら、後ろに立っていました。


「総務の方で受理されたからいまさら取り消しにできないって」

「え?そうなんですか?でもあれは正式ではないし、日付もはいっていない、

 あんなのが、総務で受理されるなんて変ですね」


そこに係長も出てきた。

その後、言い方がエスカレートしてしまい、今度は係長と

言い合いなってしまった。

「それならどうして、退職願い出したんだ。」

「それは、いろいろあって、ついかっとなってしまったのですよ。」

「一連のことはしっていますが、いじめられるほうにも問題があるんではないですかね」

「そうかもしれませんが、仕事はやめたくないのです」

「やめさせなければ困る事情でもあるんですか?」

「求人広告とか出しているし、総務にも受理されてしまったから、いまさら、撤回はできない」

「総務に受理されてしまった今、私たちにはどうすることもできないのですよ」

「では、総務に直接聞いて見ます!」

そんなことを15分くらい言いあった。

時計を見たらもうすでに出勤時間から15分も経過していた。

「やばい!!」

「すみませんが、仕事に戻るから、また後にしてください。」といって

その場は終わった。


班長と応答の仕方が一貫していたので、事前に口裏合わせているのか、

そういう時はどうするか、みたいなマニアルでもあるのかと思った。




仕事は終わるころ「きちんと話し合いの場をもうけるから翌日早めに

出てくるように」と、班長からいわれた。





翌日、指定時間より30分も早く着き、休憩室で休んだ後、

仕事着に着替えて、早めに事務所までいった。

「ああ、ホールでまってて」

しかし、来たのは班長だけだった。

係長が来ない事で、話し合う気はないのだと察知したが、

心は冷静だった。

「やはり、だめだって。一度受理されたものは

取り消しできないので、退職してもらうことになった」

「へえー?・・・」

なんかあきれ返り、苦笑してしまった。

撤回できるかどうかは、班長が決めることでもないから、この人といくら言い争っても無駄なんだ。



「あんなの書かなきゃよかったですね」

そういいながら、

10月22日に、誰ともなく書いた手紙を班長に渡した。

「わたそうかどうか迷っていたのですが、よかったら読んでいただけますか?」

「わかりました。」


「きっと、もうなにをしてもだめなところまできているんですね」

「しかたないです。」


「木曜日、正式な退職届けもってきますね」


そういいながら、家庭の事情を思い出した。

それを班長にもちょっとだけ話した。

話しながら、思わず涙が出てくるのを止められない。

情けないなあ。




今日は総務に電話してみた。

いい結果は得られなかった。

FAXも送った。


何も連絡が来ない。


絶望的な気持ちであったが

Yさんからメールの返事がきていたので

少し明るい気持ちになる。

そう、今日はYさんの誕生日。

旅行から帰ったばかりということで会うことはできなかったが

金曜日あうことになった。







コメントの投稿

非公開コメント

■会社によっては無知をついてくるので要注意

回答には、どちらも同じなんじゃないの?という意見が多くありましたが、実はこの「願」と「届」はまったく意味あいの重さが違います。

まず退職願ですが、上司に提出して、しかるべき人事権を持った人に届き、そして退職承認したことを本人に告げられてはじめて、「雇用契約の終了予告」がなされたとして、法的に有効になります。つまりそれまでは撤回することができ、「辞めるのを辞めた」ということも可能になります。会社側から、もう受け取ったから…と言われても、まだ会社側(たいていは人事)から受理の連絡が来ていないことを主張すれば、撤回できます。ただし100%撤回できる保証はなく、小さな会社では、もう受理したよと言われ、たとえ撤回できても居心地が悪くなることが想定されますので、よく考えてから提出すべきです。

一方の退職届ですが、これは提出した時点で「雇用契約の終了予告」が成立します。会社側が望まない限り撤回できませんので、要注意です。もし辞めてほしいと思っていた部下から、「退職しようと思う、でも撤回するかもしれない」と曖昧な言葉を言われた場合、私なら「『退職届』を提出するように。『願』じゃないからね」と言って、提出させます。その後、もし撤回を要求してきても「届」なので撤回できません。

たった1文字の違いですが、大きな違いがここに存在します。また会社都合である場合は、退職届です。願いにしてしまうと自己都合扱いされる可能性があります。そして退職届の文面には、かならず会社都合であることを明記すること、「○月○日に、貴社より解雇を通告されたので退職します」と入れておかないと、これまた自己都合扱いされる可能性があります。ご注意を!

FC2カウンター
プロフィール

rumi

Author:rumi
こんにちは
管理人のrumiです。
5匹の猫と一緒に
暮らしています。
写真はゆきです。
よろしく!

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ
RSSフィード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。