FC2ブログ

rumirumi日記

ARTICLE PAGE

1、悪夢の始まり(~退職願い提出までの出来事)

未分類
  • comment0
  • trackback0
これは、私がある人に書いた手紙とほぼ同じ内容です。

何度も何度も書いて破り、書いては破り

もう一週間もそんなことをしていました。

10月19日に退職願いを書いて提出してしまった時

までのお話です。

とても長いので数回に分けて更新しています。





(一枚目省略)

今年の6月の終わり頃、Yさんが海外旅行に行くため休暇をとりました。

後半の作業はYさんと二人でローテーションを組んで交代で作業していましが、

変わりに手伝ってくれる人には、片方の仕事しか教えておらず、

比較的重労働と思える方の仕事をやり続けるのは、やはり、肉体的に大変でした。

作業そのものは慣れている仕事なので、特に問題なかったのですが、準備に問題が

あったと思います。

新しく入ってきたばかりの保管庫の使い方が充分わかっていなかったのです。

あれこれ、とまどっているうちに作業が遅れてしまいました。

そうでなくても忙しいのに、一欠のときのお手伝いはもっと忙しい。

Nさんはてんてこまいだったと思います。

そのときは、二人で協力して時間内に終れたことに満足していたのですが

そうではなかったようです。
7月はじめ

子猫が5匹生まれ、我が家で保護することになりました。

娘たちが、いろいろ世話をしています。

その日、39度の熱を出してしまいました。

そしてその翌日、一欠(有休者が一人)にもかかわらず、突発で休んでしまいました。

そのとき、事務所には電話したけど、同僚には連絡しなかったため、

あとで、同僚達に注意されました。


このころ、猫のことで急に忙しくなり、仕事もきついので、いろいろ失敗を重ねるようになりました。



今思えば、このとき私の悪夢がはじまったのです。


関連記事

Comments 0