スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソラちゃんがもらわれる日

娘の友達が遊びに来た。

子猫ちゃんが欲しいということで以前から

予定していたことだ。



三女も次女も別れが惜しくて、昨日からしんみり

していた。

三女は高校を休みたいとまで言って困った。

次女は、ぎりぎりになって、写メを撮りまくっていた。

「もっといっぱい遊んであげればよかった」




長女の友達は半月前、子猫の写真をみて、ゆきちゃんがいいと言っていた。

しかし、決定ではなかった。

実際みてから決めることになった。

最近、お母さんが子猫を2匹拾ってきたらしい。その前にすでに飼っている猫もいるらしい。

それらの猫ちゃんとのかねあいもあって、じっくり考えたいようだった。



ゆきではなく、ソラちゃんが選ばれるかもしれないね。

みんなそういう風に予想していた。



朝から必死で仕上げのお掃除していたのだが、

体調が悪いのでなかなかはかどらない。

長女がいろいろ手伝ってくれた。



10時半、長女が家を出た。

駅までお迎えにいくのだ。

11時には帰ると言っていた。


私は、出かけるつもりだった。

バックを持って、いそいそ出かける準備をしていた。

そして、トイレから出た途端、思わぬ事態が起きたことに気づく。



誰かがカーテンにそそうをしてしまったのだった。

本や、いろんなものをおいてある棚で、我が家で最もごちゃごちゃしたところ

を、目隠しのためにかけておいた、ある意味重要なカーテンだ。

「ひえー!」

カーテンも床もびちょびちょだった。

結構大量のおしっこだ。

もしかしたら、親ねこのみーこかもしれない。

こんなことは初めてだったのでショックだった。

昨晩頼んでおいた「トイレの砂」を買い忘れた娘を恨んだ。

トイレは二つあったが、どっちもおしっこできるという事が、

まだわかっていない猫がいるのだ。



後始末をしていたら娘が戻ってきた

赤ちゃんをだっこしたお友達も来た。

「あれ?おかあさんまだいたの?」


大失敗だった。



「こんにちは、お邪魔します


娘のお友達は、以前職場で一緒に働いていた元同僚。

寿退社して、今は子育中。

今回、一歳半になる赤ちゃんを連れてきた。

かわいい男の子だった。



猫が大好きらしく、怖がりもせず子猫達を

指差して、なにやら呼んでいる。



「あんにゃ、あんにゃ・・」


「あん?」


「はんにゃですよ。変な名前でしょ?」


自宅で飼っている猫の名前です。


「はんにゃね~」


赤ちゃんにしてみれば、猫はみんなはんにゃなのだ。



和室、リビング、テーブルの上、

ミラーチェストの上、ソファーの上、

子猫たちはいつものように

自由にあちこち飛び回って遊んでいた。

お友達がもってきたキャリーバックに自ら入って遊ぶやつもいる。



「そら!、ちゃっぴー!」


「キャリーバックに自分ではいっちゃったよ。」


「立候補かな?」


そんなことを言って笑っていた。




しばらく、子猫達をみていた友達が、

どの猫をもらっていくか悩んでいた。

私達は、いろいろ特徴を話したり、

エピソードを語ったりした。

どの猫も可愛いけど、それぞれ思い入れがある。




「この子にする」


指さしたのは「ソラ」だった。


「でも、この子もらっていって、いいの?」

「いいですよ」

そう答えたのは私だった。



私が決定をくだしてもいいのか?

長女も、うなずいていたので、決定した。



私は、和室に入り、再び出かける準備を始めた。

きちんと化粧してから出かけよう。

頭もボサボサだ。



そんなこんなしているうちに、

おっぱいの時間になり、みいがみんなに

おっぱいを飲ませはじめた。

もらわれていく子猫、「ソラ」にしてみると最後のおっぱいかも知れない。

みいにしても、これが最後のみんなで飲ませるおっぱいだ。

何も知らず5匹仲良くおっぱいを飲んでいた。

思わず涙が出そうになる。

ジーン。



「さて、そろそろ出かけようかな。」


誰も止めもしないので、

しかたなしに別れの挨拶をしてリビングを

離れる。



後ろ髪引かれる感じで、玄関から出た。




ホントウニコレデイイノカ?





途中、お店の時計を見たら11時半ぐらいだった。


「ちょうどいい時間だな。」


やっぱり、ソラがいいといっていたなあ・・・。


ソラが一番大好きだった長女は大丈夫なの?


三女はゆきちゃんでなくてよかったかも。


次女は、びくちゃん心配していたから、まあいいかあ・・・。





チャッピーは面白い顔してるから

思わずふきだされていたなあ。




あれ?


お昼ごはんどうするのかな?

あいつ、あれほど言ったのに、お弁当買ってなかったな。

ついでに、子猫のえさも買い忘れていたな。




お友達は何時までいるんだろう?


・・・・・・・


歩きながらいろいろ考えた。

しかし、いまさらである。


これ以上考えても、仕方がない。


ポツリポツリ雨が降ってきた。





駅前のスーパーでお弁当をひとつ買った。

店を出たら雨が本降りになってきた。



公衆電話から自宅に電話

コール10回ぐらいでやっと長女が出た。

雨が降ってきたことを告げたが

すでに知っていたようだ。

たぶん、庭に出てふとんを取り込んでいたのだろう。

「よけいなお世話だったようだ・・・」






ネットカフェに入り、

弁当を食べながら「笑っていいとも」を見た。



ほっと一息


今朝はいろいろあって、朝食抜きだった。

10時頃、トーストを食べようとしたが、

どうしても喉にはいっていかない。

今日はトーストのみで、目玉焼きも、ハムもない。

コーヒーなんかも飲めなかった。

そういえば、

みんなみんな、朝ごはん抜きだった。




一人で食べた弁当は、

ものすごく美味しかった。

ここの店のは最高!



ここにくるまで

いろんな事を考え、悩んだが、

もうなるようにしかならない。




「まあ、しょうがないか・・・」



まるで、かわいい小さな息子を、家庭の事情で

養子に出すような、情けない母親のような気持ちだった




今日は生理2日目。

寝不足、腰痛、微熱、めまい・・・。

気分も体調も最悪である。



娘の朝食とお弁当つくりが間に合わず、思わずてんぱって怒ってしまった。

泣いたり、怒ったり、わめいたり・・・

とんでもない失態を家族にみせてしまった。



ごめんなさい。


もう大丈夫!


ありがとう!





娘のお友達ともいろいろお話できて楽しかった!


ソラちゃん、お元気で!!


末永く、よろしくお願いします!













コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

rumi

Author:rumi
こんにちは
管理人のrumiです。
5匹の猫と一緒に
暮らしています。
写真はゆきです。
よろしく!

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ
RSSフィード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。