FC2ブログ

歯磨きとお手伝い

歯医者に行ってきた。

9月ぐらいから治療している。

昨晩、歯磨きしわすれたまま眠ってしまった。

あわてて出かけたので朝の歯磨きも適当だった。

「きちんと磨いてください」歯科医に散々注意された。

昨日までは本当にがんばって歯磨きしていたのでちょっと

悔しかった。

今日の治療は全体の洗浄と、上の前歯の歯石とりを徹底的にやった。

かなり痛かったがまだ大丈夫。歯を食いしばり、必死で我慢した。

痛さ的にはまだまだ序の口、どうにか我慢できる範囲内だった。

私はもっと痛いのを過去に何度も経験している。


次回はいよいよ、奥歯の歯石とりだ。

一番最初に説明があったが、歯周ポケットが深いので

これはかなり痛いらしく、場合によっては麻酔をかけて行うらしい。

いく時はかなりの覚悟が必要だ。



今日の治療も辛かったが、気持ち的にはあんがい余裕だった。

終了後ネットカフェにいこうと思っていたので、そのつらさも

楽しさにかわる。不思議なものだ







昨晩、叔父のお葬式で長野に行っていた主人が帰ってきた。

時間はいくらでもあったはずなのに、全く会話していない。

こういうときはいつもよそよそしくなる。

帰省後のこの変な空気はどうしておこるのだろうか?





帰ってきた時私はちょうどお昼ねしていた。(夕方4時~5時)

主人は荷物を置いて、そのまま夕飯の買い出しに出かけたらしく、

目がさめたらいなかった。私はすぐパートに出た。



パートから帰ってから、食事をして娘たちと話していた。

主人はパジャマ姿でずっと和室でテレビをみている。

11時和室に入った。

お互い疲れているせいか、いつのまにか寝てしまった。

何か話そうと思ったが駄目だった。



朝起きたら、主人がいない。布団がきちんとたたまれている。

目覚ましで30分早く起きていた娘が学校に行こうとしていた。

「いってきまーす」

5分遅れだが急いでテレビをつける。

「カーネィション」だ。

朝食を食べながら、寝室の布団の上でこの連続ドラマを見るのが

私の日課になっている。

昨日主人が作ってくれた煮物が旨かった。



しばらくして長女がおきてきた。

もちを焼いていた。

歯医者のため私はすぐに出かけた。






ここ数日間で娘たちはすっかり成長している。

そのことがどんなに嬉しかったか伝えたかった。



おととい私が出かけたあと、残された娘たちは

自分たちで昼食を準備した。

これには驚いた。


長女がお金を出し、三女が買い物に出かけ、

次女が作ったようだ。

食べたあと、茶碗まで洗っていた。

完璧ではないか。

ちなみにメニューはオムライスだったようだ。




いつも私や主人に頼ってばかりいた娘達だったが、

いざとなれば、自分たちでここまでできるのだ。

そのことを帰ってきた主人に話したら喜んでくれた。


長女、次女は数年前に成人、三女は16歳。


年齢的には、まあ、当たり前といえば当たり前だが、

普段ほとんど家事はしない娘達が、ある日突然

何も支持しないのに、ここまでやったことに

驚いた。

三人よれば文殊の知恵とは、まさにこのことかもしれない。





私は、今回の事でいろいろ反省した。

子供たちをきちんと躾けてこなかったことをだ。

自分は中学のころから何でもできていた。

買い物、炊事、洗濯、掃除、農作業の手伝い。

農業をしながら正社員で働いている母に代わり

家事はほとんど任されていたからだ。

18歳で東京に出てきた時も、一人暮らしを始めた時も

日常生活では何も困らなかった。

両親の躾けがよかったからだと思う。

あの時代は、子供が親のお手伝いするのが当たり前だったが、

みんなみんなそうではない。私も本当はお手伝いが嫌で、

逃げたり、反抗していた時もあった。

お手伝いを強制させられ事で両親を憎んだ事もあった。

しかし、いまとなれば親の気持ちがわかる。

本当に助かるし、すべてが後で役に立つ事ばかり。

将来社会に出ても困らないように、恥をかかないように、

いろんな事を教えてくれていたんだと思うのである。



次女がいろんなことに気づき、私達に訴えていた。

それも大事な生活のルールだと気がつきみんなにも

紙に書いて実行してもらうことにした。



手洗い、掃除、後片付け・お風呂の順番・・節電。




内容は小学生でもできることばかりだったが

結構適当だったということがわかる。

しかし、これが効果抜群!

みんなが気をつけてやるようになってきた。






親はいつ死ぬかわからない・・・

自分のことは自分で考え、人の迷惑にならないよう生きる。

お互いに助け合う。社会のルールやエチケットは守る。

娘達を立派に自立させ、就職させ、嫁がせてやりたい!


優しいだけでは駄目だ。

時には心を鬼にして、厳しく指導したり、叱ってあげる事も大事だと思った。

そしてほめることも忘れてはならない。




次の歯医者は来年になる。

今後はきちんと歯磨きしていかなければ。

これ以上歯周病が進んだらやばいことになるのだ。

食べにくい入れ歯はもうこりごりである




歯磨きとお手伝いは似ている。

頑張れば、将来自分のためになるんだよ




comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2019/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
プロフィール

rumi

Author:rumi
こんにちは
管理人のrumiです。
5匹の猫と一緒に
暮らしています。
写真はゆきです。
よろしく!

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ
RSSフィード
最近のトラックバック