思いわずらう事

久しぶりのネットカフェです。

時間があまりありませんが、最近のことをお話したいと思います。










10月に入り輪番体制が解除、パートが土日の昼のお手伝いがなくなり、

震災前の勤務曜日、時間帯に戻りました。

この影響で仲間が二人退職したのは残念でしたが、

やっと、もとの勤務体制になりほっとしています。


私達の職場は大丈夫でしたが、ずっと休んでいる職場があって、

9月~10月そこから数名、交代で私たちのところへお手伝いが来ていました。

人手は充分たりていたのですが、次の準備だったと思います。

はじめに来た一人がKさん。

ずっと一緒に働くと思って、皆で一生懸命お仕事教えていたのですが、

なぜかたった一ヶ月でほかの職場に移動になりました。

上司からは何の説明も前触れもなかったのでびっくりしました。

あいさつもなくいきなり来なくなってしまったのです。



6月に一人、8月に一人退職していたので、新たにもう二人お手伝いが来ました。

Kさんの同僚だった人です。

二人とも継続勤務9年のベテランでした。

また、すぐに移動になるかもしれないと思い、適当に

手伝わせていました。

2ヶ月間一緒に働いていたのですが、一人は予定通り

9月いっぱいで退職しました。

残ったのはNさんだけです。



彼女達は、最初は仕事もあまり教えてもらえずいぶかっていました。

私達も、どうしていいかわからず困っていました。

実は、ほかの職場で人手がたりないらしく、

私達の中から一人だけ、そちらへ移動できる人はいないか考えて欲しいと

いわれていたのです。

あの、一月で姿を消したKさんが移動になった職場です。

新しく手伝いに来た二人はNさんは、最初そこへ行くように紹介されていたようですが、

二人で一緒に働けないことを理由にそこを断り、私達の職場を希望したようです。

せめて退職までの数ヶ月、二人で一緒に働きたかったのだと思います。


二人を受け入れるのはいいのですが、

私達の中でそこへ移動したい人は一人もいません。

慣れ親しんだ職場をそんな事で離れる筋合いはないのです。


10月に年配のほうの一人が予定通り退職しました。

あと1年で10年勤務という得点がもらえると言うのにです。

どうしてあと一年がんばれないのか不思議に思いました。




Kさんの話では、

どうやら、そこには怖~いお局がいるとか・・・

9年も働いてきたベテランのプライドもあると思いました。

震災さえなければ・・・とおもうと可愛そうです。

かといって、誰もかわってあげられないのもしかたがないことです。






その後、上司も移動の話はしなくなりました。

Nさんも一生懸命頑張って働いているので、

その事に関して誰もふれなくなりました。




いろんな理由で、以前に比べ仕事がとっても楽になりました。

精神的、肉体的に余裕ができたせいか、

みんな仲良く楽しく、わきあいあいあとお仕事しています。

こんなに仕事が楽しいと感じたことはありませんでした。



10月に入り、季節の変わり目になったせいか、

虫歯が痛んだり、足が痛くなったり、かなり大変でした。

毎年痛むのであまり気にしていませんでしたが、

我慢できなくなってきたのです。



虫歯は診療の日まで痛み止めを飲んで頑張っていましたが

抜歯してから大丈夫です。

足のほうは、どんどんひどくなるばかりなのですが

いまだに病院にいけないでいます。

長いこと歩かない、重いものを持たない、

家事や仕事で無理をしないように、気をつけています。

アリビエートが欠かせません。




これ以上ひどくなり、医者にとめられたら、休職、いや退職も

やむをえないと思います。



私は11月で入社から4年目に入りました

以前は4年勤務だったので、あわせると

かれこれ8年目になります。


私の後輩は9月に2年目にはいりました。

彼女も別のところで6年勤務していて、そこが閉鎖になり、

今の所へ移動してきました。

彼女の場合、職種が変わったので、新人さんみたいな感じでした。

年上なんですがとてもいい人で、とにかく優しい。

とっても素直で、てきぱき働きます。

誰とでも分け隔てなく接するので、人気者です。

最近は、退職した友達に誘われ、一緒に出かけたりしました。


職場ではまったく認めてもらえず、友達も作れないまま孤立していた私でしたが、

彼女が来てから仕事が楽しくなっていました。



もし、このまま働けなくなったら・・と考えると

怖くなります。


働けなくなるのは、とてもつらい事だと思います。


生活はどうなるのでしょう?


それを考えると夜も眠れなくなります。






今日は有給休暇です。


いろいろ用事をすませ、ネットカフェに久しぶりに入りました。

「リアル」を読もうと思いましたが、1ページも読んでいません。

あと10分で、4時間になります。



今日は給料日なので、家族で外食をします。

月に一回の外食は本当に楽しい!



最近読んだ小説、「右岸」は面白かったです。

「左岸」はやっと半分読みました。

これも、かなり興味深い内容です。

今月中には読み終わると思います。





はまだ庭にいます。

時々餌をあげるとガツガツ食べています。

いずみ(家の猫)さんが外に出たがるときだけ、

を家の中にいれ、

変わりにいずみさんを外に出します。


の残した餌をきれいに平らげ、

ゴミ袋をあさります。

その姿があまりにもすごいので、悲しくなり、

餌箱に餌を追加すると、あっというまに全部平らげてしまいます。

「どんだけ~?」

と驚くのですが、おなかいっぱいになると

やっと落ち着いて、みづくろいをしてくつろいでいます。



つまりは、

ものすごくおなかがすいているのです。

つねに空腹・・・・。


たまたまもらえる餌は貴重な食料と考えるのか

一回に食べる量がはんぱない。



最近ちょっと太ってきたみたいだねと言って、

次女が、餌をきちんと測ってあげていました。


そして、

私たちが適当にやると怒るのです。


「野良猫なんだから、そこまでやる必要はない!


っていうか、餌はやるな!」


というと、「ひとでなし!」とののしります。



を家に入れてしまうのも、

餌をあげてしまうのも、私なんです。


これはが可愛いとか、かわいそうだとか

じゃなくて、ただ単にを外に出して

あげたいから。

があんまりうるさいので、近所迷惑かもしれないと

考えてのこと。

(まあ、多少は可愛いと思う気持ちもある)




子供たちは私の真似をしたに過ぎない。

彼女たちは本当に猫が可愛くて可愛がりたいのだ。



しかし、主人はその辺がはっきりしている。


絶対、餌をあげるな!

家に入れるな!


私も心を鬼にしてそう決めたもののの、

なかなか難しい。



いっそ管理人さんに通報して連れてってもらったほうが楽

なんだろうけど、それが何を意味するか考えると、可愛そうで

可愛そうで仕方がない。



で、早く野生の猫に戻ってもらうために

いろいろ対策を考えています。




では時間になりました。

また来月・・・・。













コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

rumi

Author:rumi
こんにちは
管理人のrumiです。
5匹の猫と一緒に
暮らしています。
写真はゆきです。
よろしく!

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ
RSSフィード
最近のトラックバック