FC2ブログ

rumirumi日記

ARTICLE PAGE

迷い猫家に帰る?

猫日記
  • comment0
  • trackback0
娘が無事に修学旅行から帰ってきた。

私の昼夜逆転も直り、普通に生活している。


あの、迷子の白い猫ちゃんもばったり来なくなった。

さびしい感じもあるが、無事に家に戻ったのだろう。

ほっとした。


実は、うちの猫(アメショー)雄10歳は、去勢手術をしていない。

あの子猫ちゃんもおそらくまだだろう。

猫の場合、生後8ヶ月になると妊娠するらしい。

うかつだった!!

遊びに来ていた4日間、子猫ちゃんとうちの猫がいちゃいちゃしている場面を

何度もみた。

もしかしたら、もしかするかもしれない。

「やばいよ」


そのことが心配で、家の猫を外に出さないようにしたり、

白い猫が庭に入ってこないように、いろいろ工夫したがうまくいかなかった。

猫達のほうが一枚上手なのである。


白い猫が庭に入ったら追っ払うのは簡単だったが、

今度は隣の庭でミャーミャー鳴くので、

隣の家の犬がワンワン吼えていた。

いったんは静かになるが、またしばらくすると鳴きはじめる。

夜中でも、明け方でも餌をもらえるまで鳴くのだ。


塀の外に餌をおいて、中に入れないようにドアの隙間に蓋してみた。

しかし、何時間かすると隙間をみつけて中に入ってきた。

下のほうを完璧に塞いでも、塀を飛び越えてしまうのだから仕方がない。

どんな工夫も無駄だった。



悪いのは餌をあげてしまった私だった。

家の中にいれてかわいがった娘たちも同罪。

かわいいからといって、むやみに餌をあげたり、かわいがってはいけなかったのだ。




どんなに工夫を凝らしても子猫は庭に入ってきた。

普段は一人でおとなしくしているのだが、おなかが減ると鳴き出す。

その泣き声を聞いて、家の猫も外に出たがる。

出してあげないと、あちこちにおしっこをした。

戸をあけたひょうしにうっかり出してしまうこともあった。

一旦、外に出るとなかなか帰ってこない。

出してもらえないことを知っているので帰って来なくなるのだ。


それでも、時間がくると帰ってきた。二匹で仲良く庭にいる。

白い猫だけ追っ払おうとするがうまくいかず、

必ず二匹そろって逃げるか、隣の庭に非難する。

そして、犬に吼えられるのである。

この悪循環だった。



しかたなく、日曜日の朝、白い猫が庭に入ったら、迷い猫なので

追い出すようにと、隣の人に手紙を書いてポストにいれておいた。



月曜日、何があったかわからないが

白い子猫はまったく姿を見せなくなった。

そのままあきらめて、飼い主のもとへ帰ってくれたのだと

信じたい。



うちの猫も、相変わらず外に出たがってしかたがないが、

しばらく庭に出すのはやめて、様子をうかがうしかない。









関連記事

Comments 0