送別会

6月29日はパート仲間の送別会だった。

今回初めて幹事をやることになり緊張している。

ぎりぎりまでネットカフェで休んでいた。

下の花屋さんで花束を購入。

ピンクの薔薇とかピンクのガーベラとか

ピンクづくしの花束に、さらにピンクの包装紙で包んでくれた。

うーん、似合わなかったかなあと思ったが、予算ぴったりに

作ってくれたので助かった。


可愛らしい花束を持つと嬉しい気分になる





近くのファミレスに5時15分頃着いた。

すでに二人来ていた。

雑談しているうちに次々に人が集まり、

予定の5時半になると、ほぼ全員集まった。

待っている間は、グータンヌーボやってるみたいで面白かった。



全員で10人。

それぞれ自分の好きな料理を頼む。

店内はクーラーしているにもかかわらず

暑かった。夕方なので西日が差すのだ。

迷うことなく、ほとんどの人が冷麺を頼む。



私は冷麺とカルビ丼のセットにした。

ドリンクは食事とセットで飲み放題だった。

ビールを頼む人もいる。

昨年の夏に退職したIさんもきた。

一番若くて可愛い!みんなの人気者だ。

呼んでほしいという要求があったので、ぎりぎりに

連絡したところ来てくれた。

新しい職場の話をしてくれた。


実は、送別会の3日前、班長からお知らせがあった。

夜の仕事が7月から再開することになったのだ。


夜しか出勤できなかったTさんは、別の職場を紹介され、

そこにいくのが嫌で退職を余儀なくされたのだった。

あの時再開のめどがたっていれば、退職しなくてすんだかも知れない。


本人はもちろん、私たちも予想していなかった。

再開はもっと先になるかもしれない。

最悪、夜の仕事はなくなるだろう・・そう思っていた。

突然の知らせにみんなびっくりしていた。

そして、Tさんは送別会当日にそれを知ったのだ。




「えー!!」

しばらくショックで次の言葉が出てこなかった。



Tさんにそれを知らせるかどうか迷っていたが、

一ヶ月前に退職届けを出し、会社側もそれを認めてしまったのだから、

どうすることもできない。

後の祭りである。




気丈なTさんはこういった。

「いまさらだよね」

「でも、すっかり復帰したとは決ってないでしょ?」


!!!


そうか、


これは、ただのお試し期間かもしれない。

今後のことは誰も予想できないのだ。

すこし、ひやっとした。



本人はそれとは関係なく、以前から、職場のやりかたと人間関係に

いろいろと不満をもっていたようで、退職したことをそれほど

後悔していないようだった。



さっぱりしたものである。




「また、戻りませんか?」

「いやいや、それはない」




人間関係の不満というのは

私にかかわる問題もあったので微妙な気持ちだった。

昨年退職したⅠさんに、「昔は楽しかった」という

話をして、懐かしい人たちの名前を挙げて、しみじみ

過去を振り返っていた。


「そろそろ帰らなくては・・」

というTさんの一声で、

20時15分前にお開きになった。

予定通りだった。



代表で花束を渡した。

「大変お世話になりました。ありがとうございます!」

もう一人の代表がプレゼントを渡し、

Tさんが簡単に挨拶をして、送別会は終了になった。

用事があるというTさんが先に帰った。

Tさんはみんなにペコリとお辞儀をして、別れを告げる。

私は、最後に座席から手を振り笑顔でTさんを見送った。

Tさんも笑顔でバイバイをしてお店から出ていった。




食事の勘定はひとりひとり会計で済ませるつもりだったけど

いつの間にか、Tさんの分をみんなで割り勘にしようということになって

いて、Mさんが一生懸命計算してくれた。


清算をすませそれぞれ別々に方向に帰った。

私は一番年配のYさんと一緒に帰る。

その日は私のマンションの前にあるバス停から乗ることになったようだ。



3月11日の地震以来、昼も出勤できなくて、自宅待機していた人や、

家庭の事情で、5月から臨時で休んでいる人もいた。

お手伝いに出ていた昼の職場も、みんなバラバラに仕事していたので、

こんな風に全員集まるのは本当に久しぶりである。

送別会というよりは、女子会みたいな感じだった。

初めての幹事はなにかと大変だったが、

こうやって皆で楽しいひと時を過ごせて、本当によかった!!



7月4日から、夜の仕事が再開した。

初日に新人が一人入ったが、いきなりだったので

みんなでてんてこまいしている。

教えながら、自分の仕事もこなすのはよういなことではない。

いつも新人に教えながら仕事していたTさんの苦労は相当なものだったと思う。



送別会の日に、Tさんに頂いたバナナケーキ

を子供たちと食べた。

美味しかった。







コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

rumi

Author:rumi
こんにちは
管理人のrumiです。
5匹の猫と一緒に
暮らしています。
写真はゆきです。
よろしく!

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ
RSSフィード
最近のトラックバック