「パエトーン」

山岸涼子先生が以前、原発について書かれた作品です。

無料で読めるのでよかったらどうぞ!

http://www.usio.co.jp/html/paetone/index.html

(引用)

今、インターネット上で無料公開され、多くの読者を得ているのが漫画家、山岸凉子さんの「パエトーン」だ。
ギリシャ神話の少年の名を冠したこの作品は、「神の火」原子力の潜在的な恐怖を、暴走する太陽神の馬車がすべてを焼き尽くそうとするさまになぞらえて描く。

 最初に月刊誌に掲載されたのはチェルノブイリ原発事故から2年後の88年だが、福島第1原発の事故直後からネット上などで話題になった。
これを知った山岸さんの意向で、3月25日に版元の潮出版社が電子書籍としてサイト上に公開したところ、先週までに60万回を超えるアクセスがあったという。
作中で山岸さんは、放射性物質が健康に及ぼす影響や、原発の構造を解説。日本の原子力事情をふまえて、「チェルノブイリの悲劇」を繰り返さないようにと警鐘を鳴らしていた。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

rumi

Author:rumi
こんにちは
管理人のrumiです。
5匹の猫と一緒に
暮らしています。
写真はゆきです。
よろしく!

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ
RSSフィード
最近のトラックバック