スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道は開ける

他人を幸せにすることで、自分の不幸を忘れよう

 『道は開ける』(デール・カーネギー)より、

 他人のためにささやかな幸福を生み出すように努力することによって、自分自身の不幸を忘れよう。

 毎日、だれかの顔に歓びの微笑が浮かぶような善行を心がけよう。

 「他人に対して善を行なうとき、人間は自己に対して最善を行なっている」

 不幸な気もちになるのは、自分の不幸なことについて考えているから。

 でもそんなとき、自分の幸せについて考えることはなかなかできません。

 そこで、人を幸せにすることを考えることで、自分の不幸を考えないようにできるといいのでしょう。

 自分が幸せにしたい人を幸せにすることを考えている間は、少し幸せな気もちにもなれるものです。

 自分が考えた相手を幸せにする方法を実践して相手が喜んでくれれば、自分もうれしいはずです。

 相手からの何らかのお返しがあるかもしれません。

 少なくとも関係が良くなり、それだけ幸せな気もちで過ごしやすくなるのではないでしょうか。

 大きなことを考えるとなかなか実践できないでしょう。

 小さなことでいいのです。

 相手の顔に微笑みが浮かんだり、ささやかな幸せが生まれるようなことでいいのです。

 相手を幸せにする行為を重ねたほうがいいのです。

 小さなことなら実践するチャンスも方法もたくさんあるはずです。

 日頃から、人を喜ばすことや幸せな気もちにすることを心がけて生活できるようになれば、

 それだけ自分の不幸について考えて不幸な気もちになることは減るでしょう。

 それにも増して、人を幸せにすることで自分が幸せな気もちになれることが増えるのではないでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 過去の記事から見つけました。

 自分の不幸ばかり考えるからよけいにつらくなるんですね。

 他人の幸せばかり考えて生きている人は幸せです。

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

rumi

Author:rumi
こんにちは
管理人のrumiです。
5匹の猫と一緒に
暮らしています。
写真はゆきです。
よろしく!

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ
RSSフィード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。