高原の朝

2日目の朝。

昨晩眠れなかったのでギリギリ7時25分に起床。
朝食は7時半から10時までなんだけど、昨晩のディナーが一番最後の
客だったのでなるべく早めにはいりたかった。
急いで用意して、7時40分ごろに食堂に入る。
朝食は和食洋食なんでも選べる食べ放題のバイキングだった。
これは伊豆と同じだから驚かない。

主人と長女は6時半に起きてお風呂にはいったらしい。
なんかみーんなそれぞれの理由で寝不足っぽかった。

食後のを頂いているときだった。
ふと、窓の外をみると、
主人が、一人で外を歩いているのが見えた。
そういえば先に散歩に出るとかいっていた。
あっちもこっちに気がつき手を振ってきた。
しかたなく手をふった。
そのあと、窓辺に寄ってきて、食堂にいる私達の写真を撮り始めた。
窓にはりつく主人はこっちから見ると変態にしかみえない。

なるべく見ないようにして、他人のふりをするのが
せいいっぱいだった。恥ずかしくて朝から変な汗をかいた。


豪華な朝食をすませ、8時半ぐらいに食堂を出る。
ロビーのお土産コーナーで買い物。
箱入りのお菓子、梅酒、キティちゃんのかぶりものペンシルなどいろいろ買った。
部屋に戻り、主人と二人であちこちに散らばった荷物をまとめた。
娘たちはちらかすばかりであまり役に立たない。
夜借りてきた五目とか籠をもって主人が先に部屋を出た。

長女とふたりで荷物を廊下に出し、
みんなで主人のむかうロビーに向かう。

受付で無事に清算をすませた。
午前中は白樺湖周辺を一周して写真をとったり
お土産を買ったりして時間をすごす。
紙粘土で作った小鳥の小物が気に入り
みんなで6匹くらい購入した。
何百種類もあり、それぞれ少しづつデザインが違う。
よく見ると、同じデザインでも顔が微妙にちがっていて
お気に入りを探すのが楽しかった。
私は耳掻きと、ふくろうの小物を買う。
このお店はサービスがよく、冷たい麦茶をご馳走してくれたり
安いのにとてもかわいくて満足だった。


女神湖はよらないでそのまま、牧場に向かう。
牧場では沢山乳牛が放牧されていた。
まずは、目的のアイスクリームを食べる。
味が濃くて美味しい!
長女がアイスクリームがついた手を嘗め回され
喜んでいた。
口帝液がどうのこうのという看板をみて
あわてて、手を洗っていた。
娘の手から、ほかの牧場にいる牛さんにウィルス感染するとは思わなかったが
○○するにこしたことはあるまい。
道端にコスモスの花が沢山咲いていて、秋の訪れを感じた。



次の目的地は車山。

私的にそこで昼ごはんをとる予定だった。



車山は、禿山で特におもしろいものもなく
散歩したり、モノレールを眺めたりしてだらだらすごした。
沢山の観光客がいて、立ち並ぶテントのお店で買い物を楽しんでいた。

レストランがあったので、私はそこでそばを食べたかったけど、
高いということと、まだおなかがすいていないという主人の一言に
皆がうなずき、結局、きゅうり3本にみそをつけたものと
ラムネのみで済ませた。450円だ。といって笑っていた。

きゅうり半分・・・しかし、バイキングでたらふく食べてきたので
それで十分だと思われ、だれも文句を言うものはいない。
きゅうりは新鮮でみずみずしく、確かに美味しかった。

出店で、次女が一本2500円もする手作りのペンシルを買っていた。
一本、一本、職人さんが木を削り丹精を込めて作ったものらしい。
イッポンでも高いのに、色が決められなくて2本買ったらしい。

きゅうり3本で昼食を済ませようとした主人に5000円
お金を借りていた。



その後、途中でそばおやきを食べた。
このときも、おそばが食べたかった私は、
何度もおそばの値段を見た。650円である。
さっきより、100円やすい!

しかしさっさとトイレをすませ車に戻った主人は
おやきすら食べようとしない。
仕方なくお焼きを4個買った。
あんことなすとかぼちゃ・・

私はなすのおやきを食べた。
もちもちして非常に美味しい。
迎えに来た主人に半分あげた。


つぎの目的地はいよいよ美ヶ原高原美術館である。
期待に胸を膨らませ目的に向かった。


ずっと上り坂の山道はかなり厳しかったが
3時にやっと到着。

「美ヶ原高原美術館」

そこは天空の城。

すばらしいながめだった。(次回へ続く)

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

rumi

Author:rumi
こんにちは
管理人のrumiです。
5匹の猫と一緒に
暮らしています。
写真はゆきです。
よろしく!

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ
RSSフィード
最近のトラックバック