漫画喫茶で更新!ひさびさで嬉しいです!


ここんとこ体調が悪く寝込んでいました。

娘の中学のクラスがインフルエンザのため学級閉鎖になって
いた先週、8日(木)のことでした。
その日は朝から喉が痛くて、微熱があったので午前中にパートを休むため同僚に
メールをしたり、会社に電話していました。たいしたことないだろうと思っていたけど、
午後からすこしづつ熱が上がっていき、7時過ぎには38度まで熱があがり、
そのまま寝ていたのですが、夜中にとうとう39・6度の高熱を出してしまいました。
家族はみんな熟睡していたので、1時間ごとに氷まくらや氷嚢の自分で変えていました。

翌日、朝早くから病院へ。心配して主人も一緒に行ってくれました。
待たされること2時間半。やっと診察室に入ったときも38度の熱。
もうちょっとで倒れそうなくらい気持ち悪かった。
問診をしたあと、丁寧に内診してくれました。

「これはインフルエンザの疑いがあるので検査をしましょう。」

ながーい綿棒のようなものを鼻にさしこまれました。
「う、う」一瞬だったけど、すごく痛かったです。

「では検査の結果が出るまで待合室でお待ちください。」

しばらくして呼ばれたので再び診察室へ。

pcのモニターを見せながら説明してくれました。

「A型もB型も陰性ですので、インフルエンザではないと思います。
でもまれーに、早期の場合検出されない場合もあるので
あと2日ぐらい熱が続くようならまた検査に来てください」

「安静にしているのが一番です」

え?ただの風邪?

うれしいような悲しいような、期待はずれみたいいな感じで
自宅に帰った。
5日分のお薬を処方してもらい、下痢止めがはいった咳止めの
粉薬と、解熱剤以外は毎日欠かさず飲んだ。

実は、食欲がなかったのであまり食べなかったせいか
便秘だったのだ。

熱も下がり、便秘も解消したので一件落着。
月曜日からまた普通にパートに出た。
しかし、咳が止まらない。痰も咳が出るたびに出て大変だった。
体はだるいままで、午前中は昼までねて午後から家事をすませて夕方パート
へいく毎日だった。

パート仲間がなんだか苦しそうで真っ赤になって働いてる私を見て
お願いだから、もう一度病院へ行ってほしいという。
みんな、インフルエンザを疑っているのだ。

しかし熱は朝は35度台、午後から微熱にはなるものの
高熱にはならない。
病院にいくのが怖い私はそのまま何もせずに一日を過ごした。

今度は主人が微熱で会社を早退してきた。
今夜が峠?だと思う。私のようになってほしくないので
朝晩、栄養のある食事をたくさん食べさせている。

今日は午後から大手町に行ってきたが、咳はほとんど出なかった。
データ管理費の支払いをしたら、一円以上に買い物するようにすすめられ
いわれるとおりにしたら、お掃除用のクリーナーが一本ついてきた。
大掃除の時期になるので助かる。

テーマ : ヽ(゚∀゚)ノいえ-い☆
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

rumi

Author:rumi
こんにちは
管理人のrumiです。
5匹の猫と一緒に
暮らしています。
写真はゆきです。
よろしく!

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ
RSSフィード
最近のトラックバック