FC2ブログ

絶対安全剃刀―高野文子作品集

絶対安全剃刀―高野文子作品集絶対安全剃刀―高野文子作品集
(1982/01)
高野 文子

商品詳細を見る


ずいぶん昔のコミックです。

お気に入りだったのに、娘がうっかり洗濯してしまいました。

永久保存版!何冊あってもいいよ、これは。

贅沢な愚痴

こんにちは。

今日もご訪問ありがとう!

朝8時からずっとネットカフェなんだけど、いいかげん飽きちゃったよ。

おなかすいちゃったし。

コミック2冊読んで、ミクシーのサークル(コミニュティ)を削除していました。

なんかすっきり!

10月10日の給料日は仕事おやすみじゃないから、次回ここに入れるのは

10月25日以降ってことになる。

それまで我慢できるかなあ?

いや、我慢っていうより、時間的に無理でしょ。

パートで時間ないし、あったとしても家事やってると思う。

前日、姉が沢山漫画やら小説送ってきてくれたから、しばらくはそれ読んで



今月、体力大丈夫かなあ。

ちゃんと生きていて、病気にもなっていないといいけど。









 

日曜日の朝、いつも通り猫がふすまをガリガリして

あけてくれるように要求している。

猫の頭くらいふすまを開けると、一番最初にゆきがぴょこんと

入ってきた。

「おはよう!」

ゆきの頭と背中をぐりぐり撫で回した。

そこへ、今度はビクが入ってきて、ゆきの上に立ちはだかる。

「よし、よし、よし」

びくのもついでになでる。

あれ、きょうは二匹だけか?

ふすまをあけたら

つよしは入り口付近でようすを伺っている。

チャッピーはソファーの上でこっちを見ている。

みーこは、廊下でじっとこっちのようすを伺っている感じだった。

時計を見たら6時半だった。

餌の時間にはまだ30分早い。

口の中が苦いのでとりあえずトイレに行き、水を飲もうと

起き上がった。

more...

09 | 2013/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
プロフィール

rumi

Author:rumi
こんにちは
管理人のrumiです。
5匹の猫と一緒に
暮らしています。
写真はゆきです。
よろしく!

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ
RSSフィード
最近のトラックバック