スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土鍋とたこやきとネットカフェ

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

クリニック

クリニックに行ってきた。

一人で行った。


朝、7時半に起きた。

昨晩ご飯を仕込んでなかったので、お弁当も朝食も作れなかった。

娘にお金を渡し、同時に出かける準備をする。

こんな時に限って下着も洋服もみつからず、

どこにやったんだど憤っていた。

昨晩脱ぎ捨てたままの洋服がテーブルの下のダンボールの上にあった。

ありえない場所だ。主人がおいたに違いない。


次に化粧品を探す。

普段は、化粧水・保湿クリーム以外は、いつでも

化粧直しできるように外出用のバックにいれている。

しかし、娘にバックをひっくり返されたのか、

はたまた自分でやったのか?

バックの中身が全部空っぽになっていた。

財布と保険証はすぐに見つかったのでよかったが、

すっぴんのまま家を出た。


ぎりぎりである。電車に飛び乗った。

座席に座り、やっと落ち着いたのでバックを見たら、

娘(次女)に渡されたメモが入っていた。

「お医者さんのこんなことを相談するんだ」よ

と、要点を書いてくれたメモである。

それを読みながら、思わず涙が出そうになるのをこらえる。

娘は娘で、私のことを心から心配してくれているのだ。




改札を出る前にパン屋さんがあったのでパンとコーヒーを頼んだ。

約束の時間まであと10分。

5分で食べなければならなかったが

パンもコーヒーもものすごく美味しかった。


初めていくところなので、場所も方向もわからない。

電話番号を書いたメモをもってこなかった。

わかっているのは北口から徒歩3分ということだけ。

とりあえす、北口を出て、あたりを見渡したが

それらしき看板が見えない。地図にものっていない。


ここは勘にたよるしかない。

以前何度も来たことがある場所だったので、なんとなく右に曲がった。

右にいったら公園があるはずだ。

公園に出た。

「あった!」

なんとそこに「○○クリニック」と書いた建物があった。

すごい!

「神様かご先祖様が応援してくれてるんだ」

一瞬そう思った。


予定通り9時15分にクリニックに到着。

受付?には10人ぐらい従業員がいた。

多い!なんで?

朝なので打ち合わせしているのかもしれない。

受付をすませた。

「昨日電話予約した○○です」

「あ、○○さんですね。お待ちしていました。」

電話で応対したという女性がにっこり笑って応対してくれた。

待合室は広かった。

たくさんの患者さんが待合室で順番を待っている。



私は初診なので特別扱い。

アンケート(問診表)に記入してから

すぐに診断室にはいった。


話を聞いてくれたのは昨日電話で話を聞いてくれたという

あの女性だった。若くて綺麗だ。

こんな50代のおばさんが、こんな若い女性に助けてもらうのか。

そう思うと情けなくなった。





1時間ぐらい話しただろうか。





そのあと待合室で1時間以上待たされた。




11時45分やっと名前を呼ばれ

本当の診察に入った。

なかなか話しやすいお医者さんで、

まるで世間話をしているように、気軽に楽しく話した。

40分ぐらい話しただろうか。

娘のことで悩んでいるのが一番の原因、

その問題がなければ普通に暮らせそうですか?

と聞かれて、「たぶん」と答えた。

少し間をおいて



「いや、わかりません」



と言い換えたら



「そうですよね?」



といって意味深な笑いを浮かべた。



しかしながら私のほうは今のところ特に問題がないようだ。

過去の経歴でいろいろあったけど、病んでいる期間が短いので

あまり重要ではないらしい。



病気ではないから、病名もない。




イライラした時のために一番軽い精神安定剤を処方してもらった。



すべてを終えてクリニックを出たのが1時ぐらい。

別の場所で処方箋をもらった。


それから、公園でおにぎりを3個食べた。

鳩がたくさんいた。

「エサを与えないでください」という看板があちこちにおいてある。

ベンチに座っている人達はみんな鳩を無視していたが、

ものすごく太っている肥満気味の鳩が沢山いた。


働かないで甘やかされて太った鳩たちだ・・・


私はたぶん大丈夫だと思う。

心配なのは、やはり娘の方である。

娘の方は2月のはじめに同じクリニックで予約をとってある。

「ちゃんと連れてこれるかなあ?」

いささか不安ではあるが、ここなら安心だと、確信をもった。


青空が綺麗だった。





涙が止まらない

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

救急車に運ばれて・・・

朝、娘が救急車を呼んだ。

内容はよく聞こえなかったが

「具合がわるいのに病院に連れて行ってもらえない」

という感じだと思う。







非常に驚いた。

そのとき私は、娘たちを送り出し、

パジャマをきたまま布団で寝ていた。




救急車は5分後に来た!




なぜ、娘が救急車をよんだのかわからなくて

布団のなかでぼんやりしていた。



「ピンポーン」



娘が救急隊員とともに玄関から出て行く音がした。

「本当に行ってしまったよ」

まあ、自分で呼んだのだからどうにかするだろう


次のピンポーンが鳴るまでじっとしていよう。

そのまま、布団のなかで目を瞑った。







昨日のことから話そう。


本当に大変な一日だった。



続きを読む

永遠のくそばばあ

以前も話したことがあると思うが

うちには引きこもりの娘がいる。

小5の三学期に学校に行けなくなり、

中学に入学したけど、10月ごろから再び不登校に・・。

高校は通信制の高校をどうにか卒業した。

そのまま、就職も進学もできないで、4年近く引きこもっている。


彼女はおしゃべりが大好きだ。

ふだんからよく話すけど、

それも3,4時間ぐらいが限度だった。




しかし、どういうわけか、ここ3日間くらい、

一日中、つまり起きている間中、エンドレスで話すようになった。




3時間でも4時間でもひとりでべらべら話しまくる。

一方的に話すだけで、あまり相手の話を聞こうとしない。

ちょっと普通ではないのだ。





続きを読む

ONE PIECE 30

ONE PIECE 30 (ジャンプ・コミックス)ONE PIECE 30 (ジャンプ・コミックス)
(2003/10/03)
尾田 栄一郎

商品詳細を見る

テーマ : ONEPIECE
ジャンル : アニメ・コミック

ワンピース

今年は30巻から始まりました。


今、31巻目読んでます。


やっぱり最高に面白いです。



ONE PIECE 31 (ジャンプ・コミックス)ONE PIECE 31 (ジャンプ・コミックス)
(2003/12/19)
尾田 栄一郎

商品詳細を見る

動悸・息切れ・めまい?

10日に本年度の初出勤だった。

いつもどおり17時半からお仕事である。

その日は気分がめいっていて、寝不足だったけど、他に有休の人が

いたので、絶対やすめないなあとおもい、しぶしぶ出勤した。

久しぶりの仕事は案外楽しかった。



しかし仕事を始めて30分もしないうちに動悸が激しくなり、

気持ちわるくて何度もしゃがみこんでいた。

仕事中動悸になることは時々あるけど、たいていは少し休むと治まる事が多い。

しかしこの日はバクバクがどうしても治まらない。

先輩の同僚に頼んで早退してしまった。

「病院にいってね」と何度も言われたことを思い出す。



自宅に帰り、安静にしていたら、かなり楽になったが、

寝ていても夜中の12時くらいまでドキドキが続いた。

ドキドキ  ドキドキ・・・




翌日病院にいき、お医者さんに症状をお話したところ

いろいろ質問された。

どのくらいの間隔で動悸になるか?

脈拍は一分間でどのくらいか?


私の場合、ひどい動悸になったのはたった2回。

前回は夏だった。このときもパート中。

30分くらい休んでまた仕事に戻った。


数年前にもパート中に何度か動悸になった経験はある。




速さ?

症状が一番ひどい時に計ったことはないけど

大体通常の2倍くらいの速さだから、120くらい?

と適当に答えた。本当はもっと速かったかもしれない。



そのくらいでは問題ないですよ

お薬を出せるのは脈拍が一分間に150以上です。

丸一日機械をとりつけ、心電図を計る方法も

ありますが、そちらの場合、おそらく異常はないとおもいます。

今度来るときは、動悸がしているときに来てください。

まあ、きたとしても横になってもらうだけだと思いますが・・・。

という答えだった。


「がーん


「そうですよねえ」


確かに問題はなさそうだ。


次に精神的な話もしなければならない。


「家庭や職場でいろいろあったので、もしかしたら精神的な事が原因かもしれない」

と言うと、

「それなら精神科に行ってください。安定剤がもらえると思います。」


さらにめまいのことについて話した。

「めまいというのは、どの程度がめまいかわかりますか?」

「いいえ」

「ぐるぐるまわることがめまいです」

といって、手でぐるぐるしてみせた。

「あなたのめまいはどんな感じですか?」

「ぐらっとするくらい」

「その程度ではめまいとは言いませんよ。それにめまいの主な原因は

耳鼻科だと思うので、そちらで診察してもらってください。」


「わかりました」


なんか冷たい感じもしたけど、

なんでもないのに心電図とられたり、血をぬかれたり

するよりはよかったかもしれない。




その日は主人もいたので、耳鼻科や精神科にはいかなかった。

診察料2300円を払いそのまま病院をあとにした。






その後、娘のPMSもおさまり、元気に仕事に復帰している。



昨年から仕事のことでガミガミうるさかった同僚のパートさん達が

やけにやさしくしてくれて嬉しかったが、ちょっと気持ち悪い。

私は、精神的に不安定で体調が悪かったので仕事で失敗して怒られるのが怖かっただけかもしれない。







SunShine


池袋に来てます!

東京大仏


初詣で

御利益ありますように。

あけおめ


今年もよろしく


あけましておめでとうございます
FC2カウンター
プロフィール

rumi

Author:rumi
こんにちは
管理人のrumiです。
5匹の猫と一緒に
暮らしています。
写真はゆきです。
よろしく!

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ
RSSフィード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。