FC2ブログ
2008
06.27

白い子猫

Category: 猫日記
 今日も白い子猫が金網の塀の向こうで鳴いている
昨晩もずっと鳴いていた。

以前は、私たちが庭に面したガラス戸のそばに近づいただけ
で、ピューという感じで逃げていたが、昨日は少し慣れたのか
非難通路にいて、金網のドア越しにこちらを見ていた。
その距離は4メートルくらいだ。

「はやく、はやく」

娘(次女)を呼んだ。

遠くて顔まで見えないが、手のひらに載りそうな
小ささで、手も足も全てが小さい。
生後一ヶ月ぐらいだろうか?とっても可愛かった。

「かっわいいー!」

次女も凄く喜んでいた。

家の猫も声が聞こえるたびに、庭の方に近寄り
そわそわ落ち着かなかったが、座高?が低い為
見えていないようす。

白い子猫がこちらを見ていたのは、ほんの
30秒ぐらいだったと思う。
すぐに、暗闇に消えた。

それから一晩中、みゃーみゃー鳴き続けていたが
どうすることもできなかった。
しばらくして鳴き声が止み、私も寝てしまった。


しかし、朝一番に起きたとき、5時ごろだったが
また鳴いている。
多分、鳴きつかれて寝てしまい
朝になってまた鳴いているのだろう。





続きを読む
Comment:0  Trackback:0
back-to-top