FC2ブログ
2014
08.13

思い出のマーニー ビジュアルガイド

Category: 小説・和書
思い出のマーニー ビジュアルガイド思い出のマーニー ビジュアルガイド
(2014/07/19)
スタジオジブリ

商品詳細を見る

Comment:0  Trackback:0
2014
04.19

「貧乏はお金持ち」

Category: 小説・和書



いまこれ読んでます。

どうすれば貧乏からお金持ちになれるのか?

続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2014
04.12

金平糖を埋めると星になる?

Category: 小説・和書



「金平糖の降るところ」

読み終わりました。

みんないい人という小説はよくあるけど

これは、ちょっとづつみんな悪い人。

でも、秘密めいた、理解に苦しむ恋愛って多々あるんだなあと思います。

面白かった!!

Comment:0  Trackback:0
2014
04.06

不足しているものを数えるな

Category: 小説・和書
以前紹介した記事ですが、評判がよかったので

もう一度紹介します。




読書日記

  不足しているものを数えるな


 『道は開ける』(デール・カーネギー)より、

 ショーペンハウエルが「われわれは自分に備わっているものをほとんど顧慮せずに、いつも欠けているものについて考える」と言ったが、確かに「自分に備わっているものをほとんど顧慮せずに、いつも欠けているものについて考える」傾向こそ、地上における最大の悲劇と言ってもよい。

 不足しているものを数えるな、恵まれているものを数えてみよう。

 誰にでも、不足している、恵まれていないもの、思うようにならないものはあります。
 物理的なもの、仕事に関するもの、人間関係に関するもの、自分に関するもの、環境に関するもの、・・・。
 ましてや、求めるものが高い人や多い人はなおさら、そう思いやすいでしょう。

 自分に不足しているもののことを考えているとイヤな気分になります。
 そういう考え方がクセになっている人は、無意識のうちに不幸な気もちで過ごす時間が長くなってしまいます。

 誰にでも、恵まれているものがたくさんあるはずです。
 ただし、気づいていないものが多いのだと思います。
 自分の幸せに気づき、自分の幸せを知ることができるといいでしょう。(自分の幸せに気づく能力)

 自分が恵まれているもののことを考えれば、少し幸せな気もちになれます。さらには、心から感謝することができれば、確かな幸せを感じるられるでしょう。
 また、自分が恵まれていることを意識的に考えている時には、無意識に自分に足りないものを考えなくてすみます。

 無意識に不足しているものを数えるのをストップし、意識して恵まれているものを数えるように心がけることができるといいでしょう。
 それが習慣になれば、それだけ幸せな気もちで過ごせるようになれるでしょう。


不幸を数えて暮らすより  幸せを数えて暮らそう

Comment:0  Trackback:0
2014
03.24

金米糖の降るところ

Category: 小説・和書

今日から読んでいます

Comment:0  Trackback:0
2014
03.09

抱擁、あるいはライスに塩を

Category: 小説・和書

こちら今、読んでる小説です。

本屋さんで立ち読みして面白そうなので

図書館で同じもの見つけました。

江國香織さん、

久しぶりに長編です。







Comment:0  Trackback:0
2014
02.18

仕事は楽しいかね?

Category: 小説・和書
仕事は楽しいかね?仕事は楽しいかね?
(2001/12)
デイル ドーテン

商品詳細を見る

Comment:0  Trackback:0
2013
09.24

NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版

Category: 小説・和書
NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版
(2013/08/27)
NHK出版

商品詳細を見る

Comment:0  Trackback:0
2012
04.28

真夜中の明るい部屋で・・

Category: 小説・和書
こちらの本、図書館で借りたものなんですが、

装丁が綺麗で気に入っています。



真夜中の2時です。

早く寝なくては。
Comment:0  Trackback:0
2012
04.28

真昼なのに昏い部屋

Category: 小説・和書
時々読んでます。




真夜中です。
連休にはいりました
Comment:0  Trackback:0
2012
04.27

平清盛(前編)

Category: 小説・和書
平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
(2011/12/20)
NHK出版、 他

商品詳細を見る



続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2012
03.03

IQ84 BOOK 2

Category: 小説・和書
昨日から読み始めました。


Comment:0  Trackback:0
2012
02.24

1Q84

Category: 小説・和書
買いました。
只今読書中。



暫く、これにはまっていると思います。o(^▽^)o
Comment:0  Trackback:0
2011
12.11

永遠の0

Category: 小説・和書

読み終わりました\(^o^)/
Comment:0  Trackback:0
2011
12.09

「永遠の0 (ゼロ)」

Category: 小説・和書
主人に薦められ、今夢中で読んでいる小説です。

まだ半分くらいまでしか読んでいませんが、なかなか面白い!

戦争経験者から、戦争など全く知らない世代の方まで楽しめると

思います。凄い!!


永遠の0 (ゼロ)永遠の0 (ゼロ)
(2006/08/24)
百田 尚樹

商品詳細を見る
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2011
05.03

「八日目の蝉」

Category: 小説・和書
昨日購入しました。

井上真央、永作博美、主演で映画公開中。

どちらも楽しみです!!


八日目の蝉 (中公文庫)八日目の蝉 (中公文庫)
(2011/01/22)
角田 光代

商品詳細を見る

Comment:0  Trackback:0
2010
12.14

ノルウェイの森 (上下セット)

Category: 小説・和書
以前、お友達に借りて読んだのですが

とても素敵な小説です。

映画を見る前にもう一度読みたいですね。


ノルウェイの森  上下巻セット (講談社文庫)ノルウェイの森  上下巻セット (講談社文庫)
(2010/11/05)
村上 春樹

商品詳細を見る

Comment:0  Trackback:0
2010
12.14

ノルウェイの森 スコアブック"

Category: 小説・和書
ノルウェイの森 スコアブックノルウェイの森 スコアブック
(2010/11/16)
不明

商品詳細を見る

Comment:0  Trackback:0
2010
10.26

「もういやだ!」と思った時読む本

Category: 小説・和書
よくあたっているので

占い大好きの娘がはまっています。


会社、家族、パートナー、そして自分が「もうイヤだ!」と思った人の人間関係のトリセツ会社、家族、パートナー、そして自分が「もうイヤだ!」と思った人の人間関係のトリセツ
(2008/07)
名倉 正

商品詳細を見る

Comment:0  Trackback:0
2010
10.26

「崖っぷちのネットワークビジネスの真実」

Category: 小説・和書
崖っぷちネットワークビジネスの真実崖っぷちネットワークビジネスの真実
(2009/11)
ロバート・S. コンリー

商品詳細を見る
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2010
09.26

「二十八光年の希望」

Category: 小説・和書
昨日、図書館で一気に読み終わりました。
辻さんの小説は大恋愛のものが多いのですが
これも凄いです。二人の生き方にとても感動しました。
フランスのパリのレストランで働くハナと、三ツ星を捕るのが
夢のシェフとの出会い。同じ夢をもちながら、次第に惹かれあう
二人のお話。

28光年の希望 (集英社文庫)28光年の希望 (集英社文庫)
(2006/10/18)
辻 仁成

商品詳細を見る

Comment:0  Trackback:0
2010
06.30

「我思うゆえに我あれ死刑因・山地悠紀夫の二度の殺人」

Category: 小説・和書
今読んでいます。

「我思うゆえに我あれ死刑因・山地悠紀夫の二度の殺人」

まさか、母親を殺すなんて・・・。


Comment:0  Trackback:0
2010
06.11

小説「告白」

Category: 小説・和書
生徒に娘を殺されたという中学教師、森口悠子の告白で物語りは始まる。
少年法に守られた13歳の犯人たちに、彼女がとるべき方法とは・・・!?

告白告白
(2008/08/05)
湊 かなえ

商品詳細を見る

Comment:0  Trackback:0
2010
02.10

「猫の形をした幸福」を読み終えて

Category: 小説・和書
猫と一緒に暮らした日々の思い出をつづった小説「猫の形をした幸福」を
たった今読み終えた。
場所はドトール
チャイティとカルツオーネなんとかという、ローストチキンとチーズをはさんで焼いたものを食べた。
小説の半ばに来たころ、この猫はやがてなくなるんだなと予感した。
異国で考え方も生活習慣も違うご主人とたった二人で生活していた主人公にとって、猫の
存在は大きなものだった。二人とも猫が大好きだった。
私はここまで猫を愛せない。私の主人も無理。
でも、娘2にとっては、猫の存在はこんな感じかもしれないと思った。
彼女は朝起きてから寝るまで、旅行に行ったときも片時も猫のことを忘れない。

私が子供のころ実家で飼っていた猫は親子で20歳近くまで生きた。
それはそれは長生きだった。私の実家は田舎の一軒家。自然も多い。
彼女たちはいつも自由だった。
束縛されることもないし、溺愛されることもない。
キャットフードも清潔トイレマットもない。
ねこまんまを食べ、ねずみをとり、自由に庭や畑に排泄する。
夏は涼しい縁側に寝そべり、冬はコタツに座っている私たちのひざに乗り思う存分睡眠をとった。
真冬のいてつく寒さの夜は、私たちの布団にこっそり入って来て寝た。
妊娠を繰り返し、子猫を生んで、乳を飲ませていた。

猫は本当に可愛い
そこにいるだけで癒される。
性格も習性も姿かたちも、本当によくできている素晴らしい生き物だと思う。

マキシモ君、楽しい思い出ありがとう!
Comment:0  Trackback:0
2010
02.04

小説「サヨナライツカ」

Category: 小説・和書
こちら数年前に読んで感動した本です。
今、映画で放映中。
感動的な純愛のお話です。

サヨナライツカ ― Sayonara, toujours pres de moi (世界文化社)サヨナライツカ ― Sayonara, toujours pres de moi (世界文化社)
(2001/01/09)
辻 仁成

商品詳細を見る

Comment:0  Trackback:0
2010
01.20

猫の形をした幸福

Category: 小説・和書
今、マックで読んでる小説です。

猫を大切にする夫婦のお話。
アメリカの田舎の一軒家だから、猫にとっては居心地が最高だと思う。出かける時は全部のドアと戸棚を開け放し、しまっているところがないか確認するのが習慣。猫を外に出さないように日々奮闘してる我が家とは段違い。いいなあ…。

猫の形をした幸福猫の形をした幸福
(2008/09)
小手鞠 るい

商品詳細を見る

Comment:0  Trackback:0
2009
09.11

「摸倣犯」

Category: 小説・和書
久しぶりに推理小説読んでいます。
なんでいまさらこれ?
と思うかもしれませんが、娘が面白かったと言っていたような・・
とにかく映画ではわからないいろんな事がわかるそうです。
宮部みゆきさんは大好きなので、最後まで読む自信はある。
でも字が小さいので老眼鏡なしではとても無理。
どこに行くにもメガネとセットで持ち歩こうと思います。

ところでキムタクファンの私が言うのも変ですが、中居君最近素敵ですよね?
Comment:0  Trackback:0
2008
12.02

「人のセックスを笑うな」

Category: 小説・和書
最近読んだ小説です。
センスのよさは抜群で最後まで気持ちよくさらりと
読めました。お勧めです。

こちらの小説は映画にもなりました。
主演は松本ケンイチ、永作博美
機会があれば観て見たいと思います。

人のセックスを笑うな (河出文庫)人のセックスを笑うな (河出文庫)
(2006/10/05)
山崎 ナオコーラ

商品詳細を見る

Comment:0
2008
09.26

 「償いの椅子」読破!

Category: 小説・和書
推理小説、沢木 冬吾さんの「償いの椅子」読み終わりました。
主人公の能見亮一、ハードボイルドです。
最後まで素敵でした。

償いの椅子 (角川文庫)償いの椅子 (角川文庫)
(2006/10)
沢木 冬吾

商品詳細を見る

2008
08.04

「償いの椅子」

Category: 小説・和書
今夢中で読んでいます。

償いの椅子 (角川文庫)償いの椅子 (角川文庫)
(2006/10)
沢木 冬吾

商品詳細を見る
続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2008
04.19

 簡単生活

Category: 小説・和書
今日は、昨日ブックオフで買ってきた「簡単生活」
という本をマックで一気に読んだ。
私の場合斜めに読むので、3時間で全部読んでしまう。

簡単生活だよね。
今の私の生活。

思えばここ数年は好きなことばっかりしている。
家事も家族と分担してるし。
わずらわしい人間関係に悩むこともなかった。
必要最低限の物を買うだけで、余計なもの買いすぎることもない。
なにかを買うために無理に仕事することもなかった。
自由時間も十分過ぎるほどあった。
理想的な生活だったのかもしれない。


先月から生活のために派遣のお仕事している。
はっきりいってやりたくない仕事ばっかりだ。
でもこれは食を得る為仕方がない事。
ひとつひとつ楽しみながらやるしかない。

自分の好きなことをしながら
収入が得られる人は幸せだと思う。
だったら、迷わずそうすればいいだけだ。
それができないのはどうしてなのか。
原因を突き詰めるために
ノートの書き出す作業をしてみたいと思う。

Comment:0  Trackback:0
2008
04.06

「残虐記」

Category: 小説・和書
桐野夏生、「残虐記」を読み終えました。
10歳の少女が25歳の男性に誘拐され、一年間監禁されたお話。
これに関して長い文章を書いていましたがうっかり削除。
あれ以来いろんな事かんがえてしまいました。


私は、なぜ、ここにいるのか?

子育てはつらいばかりで大変でした。

家事もまともにできない。

仕事も無理。

本当は一人で生活できないので我慢して
ここにいるのかもしれないと
思いました。

殴られました。
頭のたんこぶが痛い。


Comment:0  Trackback:0
2008
01.25

「対岸の彼女」を読んで

Category: 小説・和書
昨年から2ヶ月かけてやっと読み終わりました。
主婦が仕事先で知り合った母校が一緒の女社長、そしてその女社長の少女時代の
親友との過去。話の内容が今の自分にぴったりで、小説を読みながらいろんな事を
考えさえられました。
生涯、思い出に残る小説になると思います。

対岸の彼女 (文春文庫 か 32-5)対岸の彼女 (文春文庫 か 32-5)
(2007/10)
角田 光代

商品詳細を見る

Comment:0  Trackback:0
2007
10.22

「恵子の場合」・・・創作小説

Category: 小説・和書
著しく蚊にさされたので夜中の3時に目がさめてしまう。
昨日の事が悪夢のように蘇ってきた。
結局わたしのしたことは詐欺行為なのではないか
何度も何度も注意されたことをまたやってしまった。

しかし、相手は手放しで本当に喜んでいた。

「自分も昔いろいろやっていたので気持ちはわかります」
交差点で信号が青に変わってわたるとき
「実は私、アバンチュールも求めていました」

「えっ?」

聞こえないふりをして急いで横断歩道を渡りきった。

ここです。
二人で食事をする場所にたどり着く。

「けいこさんは30代前半にしか
見えませんでした。正直おどろきました。」
食事をしながらも必死に何かを訴えようと
しているが、はっきりいえない。
食事は割り勘で払う。

改札に入ろうとしたその時、
「すみません、もう少し一緒にいたいので
よかったら、コーヒーでも飲みませんか?」


「いいですよ」
恵子は仕方なく、きびすを返した。
出口を見つけてお昼に待ち合わせた場所まで行き
その近くのマックでコーヒーを飲んだ。
24間営業のお店だった。

静かにふたりでコーヒーを飲む。

花火があがった。

急にこの運命的な出会いに
賭けてみようと思った。

何かにスイッチが入り
まくし立てるように
プランの説明をしていた。

恵子が自宅に帰った時
予定通り9時をまわっていた。
テーブルには食べ残しの夕飯
の皿が並んでいた。

ひとしきり家族とおしゃべりをして
お風呂に入り、すぐに眠った。
床についたのは12時ぐらいだった。


「うーん」

浅い眠りになったとき目が覚めて
体中が蚊に指されていることに気がついた。

私が正しくなければ
この一点で、ずっと後悔することになる
そばに何も知らない夫の横顔が見えた。

恵子はとびおきてメンソレータムを
体中に塗った。

Comment:0  Trackback:0
2007
10.20

「甘い蜜の部屋」

Category: 小説・和書
森茉莉の「甘い蜜の部屋」を読んだ。

これは娘に返却を頼まれて、返す前に一気に
ケンタッキーで読んでしまった。
斜め読みである。

面白かった。
続きは明日。続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2007
10.08

「幽霊のような子」を読んで・・

Category: 小説・和書
「幽霊のような子」
読みました。
読んだことがある人は知ってると思いますが
実話です。

ホラー映画を見ているような感じで
たった2日間で読み終わりました。

ある事が原因で
選択性無言症になった女の子のお話です。

Comment:0  Trackback:0
2007
09.21

片付けられない女魂

Category: 小説・和書
どうしても片付かない人は買いましょう!
笑いあり、涙あり、夏目さんの感動物語。
お勧めです!!ブログも面白いですよ。

片付けられない女魂 片付けられない女魂
夏目♀ (2007/09/13)
扶桑社
この商品の詳細を見る

Comment:0  Trackback:0
2007
09.17

「猫の気持ちがわかる本」

Category: 小説・和書
ネコの気持ちが100%わかる本 (SEISHUN SUPER BOOKS) ネコの気持ちが100%わかる本 (SEISHUN SUPER BOOKS)
高崎 計哉、猫の気持ち研究会 他 (1997/12)
青春出版社
この商品の詳細を見る

Comment:0  Trackback:0
2007
09.14

本日発売!

Category: 小説・和書
こちらの本の単行本が
本日発売になります。

夏目さん、コメントありがとう!

片付けられない女魂 片付けられない女魂
夏目♀ (2007/09/13)
扶桑社
この商品の詳細を見る

Comment:0  Trackback:0
2007
07.06

「女性の品格」

Category: 小説・和書
ベストセラーです。
装いから生き方まで

勇気優しさをもって
りんと生きよう。

作者からのメッセージ

読んでみたいですね。

女性の品格 女性の品格
坂東 眞理子 (2006/09/16)
PHP研究所
この商品の詳細を見る

2007
06.21

「放課後」を読んで

Category: 小説・和書
「放課後」読み終わりました。
意外な結末に脱帽。
学生に戻った気分で楽しかったです。

最初、一番怪怖いと感じた人が
やはり憎んでましたね。

世の中の男性は
女性のこと見くびってます。

いろんな可能性を秘めている女性を
籠に閉じ込めて、えさも満足にあたえない
のは、ある意味犯罪です。

どうか気をつけてください。

放課後 放課後
東野 圭吾 (1988/07)
講談社
この商品の詳細を見る




2007
06.18

「放課後」

Category: 小説・和書
「放課後」

校内の更衣室で、生徒指導の教師が
青酸中毒で死んでいた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

この小説を半分以上読み進んで
いる。


今日はお金もないのに
ケンタッキーと漫画喫茶はしごした。
ここは、ひんやりとしていて、りんとした静けさがいい。
2007
05.06

あなたが、いなかった、あなた

Category: 小説・和書
今朝のテレビ番組で、平野さん、美輪さん、瀬戸内寂聴さんが
対談していました。美輪さん大好きな娘を起し、二人で見ました。
「この平野さんて誰?何してる人?」
さっそく検索したら、こんな小説書いている人なんですね。

斬新な手法と解釈、とっても興味あります。

あなたが、いなかった、あなた あなたが、いなかった、あなた
平野 啓一郎 (2007/01/30)
新潮社
この商品の詳細を見る


出版社からのコメント

収録された11篇は、今まで誰も読んだことも、見たこともない、斬新な手法と解釈で書かれた小説である。
読者に新たな世界を提示する画期的な作品集。
──『あなたが、いなかった、あなた』は、色々に読めるだろうが、二番目の「あなた」は、「貴方」であり、「彼方」である。その不在は、読むことでこそ埋められる。むしろそうして、今あるあなたのためにこそ、私はこの些か逆説的なタイトルを、この本につけることにした。

本作の世界の一つ一つ、登場人物の一人一人が、読者に新しい何かを開いてくれることを願いつつ、私はこの作品を完成させた。

      ────平野啓一郎


Comment:0  Trackback:0
2007
04.25

読み終わりました。

Category: 小説・和書
夕方

心というのは不思議です。自分のものながら得体が知れなくて、時々怖くなるほどです。私の心は夕方一番澄みます。だから夕方の私が一番冷静で、大事な事はできるだけ夕方決めるようにしています。 江国香織

                「落下する夕方」あとがきより  
Comment:0  Trackback:0
2007
04.25

「落下する夕方」より

Category: 小説・和書
お風呂にはいるとかならず、こときれたときの華子の姿を思い出す。ステンレスの浴槽、鋭利なかみそりの刃、赤く染まったお湯と、スラリとした華子の手足・・・。

        江国香織「落下する夕方」より
Comment:0  Trackback:0
2006
11.18

「レ・ミゼラブル」下巻

Category: 小説・和書
ついに「レ・ミゼラブル」全部読み終えました。

感動です。

図書館で下巻の半分を一気に読みました。

なぜか、明るい気持ちになりました。

人生は、誰かをどれほど愛したかで決まるのかもしれない。

ジャンバルジャンといえば、父を思い浮かべてしまう。

無償の愛って素晴らしいですね。


Comment:0  Trackback:0
2006
10.12

「嫌われ松子の一生」

Category: 小説・和書
先ほどテレビドラマで「嫌われ松子の一生」
やっていましたね。
原作を読んで、映画もみているので
内容は知っていましたが
内山理名 主演という事でまた観てしまいました。

今後が楽しみです。

原作はこちら

山田 宗樹 / 幻冬舎
Amazonランキング:96,226位
Amazonおすすめ度:
哀しい物語・・・
運命に翻弄される女性の流転の人生
無題


Comment:0  Trackback:0
back-to-top